パソコン・周辺機器

2020/6/25

Surface Proとあわせて揃えたい周辺機器(前半:基本アクセサリ)

Surface Proシリーズといえば、MicrosoftのSurfaceブランドの中でも、「パワフルで、薄くて軽くて、タブレットとしても使える」3拍子揃った2-in-1ノートパソコン。現行モデルのSurface Pro 7が発売された今でも、ほぼ形を変えないままパワーアップをし続けていることからも、ユーザーの中でも非常に人気なラップトップだ。 本日は、Surface Proシリーズを更に便利にしてくれる周辺機器を紹介しようと思う。 前半として、「まず最初に揃えたい基本アクセサリ」を、後半では細かいところ ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

2020/6/9

Surface Pro 6用の互換電源ACアダプター「BOLWEO」を購入

Surface Proを自宅や外出先で本格的に使おうとすると、どうしてもスペアの電源アダプターが欲しくなる。しかし純正品となると10,000円近くもするため、スペアとして使うには少し高いと感じてしまう。 そこで検討したいと思うのが、互換品の電源ACアダプターだ。 本日はAmazonで販売されているの互換品の中でも、人気のある「BOLWEO」の電源アダプターを購入したので、純正品との比較レビューをお届けしたいと思う。 目次 購入したものパッケージと内容物BOLWEO ACアダプタの使用感個体差に注意 購入し ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

2020/6/2

5年前の法人デスクトップPCはオフィス専用機としてコスパ最強説|EliteDesk 800

中古PCショップでよく並んである大量の格安デスクトップをみたことがあるだろうか。同じ機種が大量に、八百屋の野菜のように売られている、まさにたたき売り状態。 この度、会社PCの更新ということで、この手の激安法人向け中古デスクトップを購入してみた。 もちろん機種にもよるだろうが、結論を言えばオフィス専用機としては十分に使えるものだった。   目次 中古PCショップの激安法人PCたち購入したのは第4世代Core i5のHP「EliteDesk 800 G1 SF」モニタと増設メモリも購入、合わせて30 ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

2020/5/31

【WIFIルーター】WIFI名についているアルファベット、数字の意味と最適な選び方

何気なく使っているWIFIの名前(SSID)に含まれるアルファベットや数字が気になったことはないだろうか?たとえば、こういうものだ。 XXX-a XXX-b XXX-g XXX-A-XXX XXX-G-XXX XXX-2G XXX-5G アルファベットが語尾についているパターンや、間に入っているパターンもあるのだが、適当に選んでしまっている方もいるのではないだろうか。 本記事では、WIFIの名前(SSID)に含まれているアルファベットの意味、WIFI規格、そしてシチュエーション別に最適な選び方についてまと ...

続きを読む

家電

2020/5/26

2020年現在Samsung Gear VRを買ってはいけない理由

SamsungのGalaxyスマホ専用のVRゴーグル「Gear VR」は、実売価格10000円前後という価格の割にハイスペックなVRゴーグルである。しかし、2020年5月の現在、この商品を買うのはあまりお勧めしない。 その理由を述べたいと思うので、「Gear VR」の購入を考えている方は一度検討してほしい。   目次 Gear VRは手頃な価格ながらハイスペックで魅力的なVRゴーグル2020年5月以降はGear VRを買ってはならない理由Gear VRアップデートが終了アプリはインストールできる ...

続きを読む

ファッション、小物

【アブラサス 小さい小銭入れ】エネキーも収納できる絶妙なサイズ

6年前から愛用しているアブラサス「薄い財布」に加え、新たに「小さい小銭入れ」を購入した。

なぜ「小さい際小銭入れ」を購入するに至ったのかというと、ポイントはこのサイズにある。

後ほど詳しく紹介するが、このサイズがなんとEnekeyにぴったりなのだ
合わせてドッグタグサイズのカードキーもぴったり入る。

カードキーやエネキー(EneKey)などの小さめのワイヤレスキー、そして数本の鍵を収納するだけなら最高にコンパクトに収まる「最小のキーケース」が完成したわけである。

では早速、アブラサス「小さい小銭入れ」のレビューをしたいと思う。

アブラサス(abrAsas)というブランド

アブラサスは、ミニマリスト界ではご用達のブランドで、知る人ぞ知る機能性をとことん追求したメイドインジャパンの財布ブランドだ。

 

最も有名な財布といえば、私も使っている薄い財布であろう。
私も愛用して6年目になるが、一度慣れてしまえばもう他の財布は目に入らないほど、機能的な財布である。

 

またアブラサスの商品は、機能性が優れていることはもちろんのこと、そのデザインや耐久性にも優れており、生地の革や縫製の糸までこだわっているという。

まさに、「機能美」な財布がラインナップされているブランドだ。

 

最近では、財布にとどまらず、バッグやメモ帳、機能的な衣服も展開しており、見ているだけでも楽しい。

今回紹介するのは、そのアブラサスから発売されている「小さい小銭入れ」だ。

小さい小銭入れ

最大の特徴はその小ささ

 

「小さい小銭入れ」のコンセプトとしては、

「コイン」「紙幣」「キー」だけを持ち運ぶ、小さくてシンプルな「サブ財布」スーパークラシック

 

写真からもわかるように、その小ささは車のキーよりも小さいサイズ感だ。

  • サイズ:28 × 99mm (開いた時 55 × 99mm) × 厚22mm
  • 重さ:18g

その構造はいたってシンプルで、2つのスナップボタンを開けば中にポケットが上下に2つ付いているだけのもの。

 

ブランド曰く、このポケットには「500円玉1枚+100円玉4枚+50円玉1枚+10円玉4枚+5円玉1枚+1円玉4枚の合計15枚」の硬貨が収納ができるらしい。
この構造自体は、薄い財布の小銭入れ部分と同じだろう。

もうひとつのポケットには、紙幣を折りたたんでいれることができるので、いざという場面で使えそうだ。

 

外側にはキースマートに代表されるようなネジで鍵をとめるシステムO状のリングがある。

 

ネジホルダーには、直径3.6mm以上の穴が開いた鍵を1~2本つけることができる。
そして車のスマートキーのような大きい鍵は、Oリングに直接つけることができる。

メーカーが示しているように、「財布」「キーケース」「小銭入れ」といろんな使い方ができるのが、「小さい小銭入れ」である。

 

気に入った3つのポイント

私の場合、「小さい小銭入れ」は主にキーケースとして使っている

正直この手の形状のキーケースは山とありますが、その中でも私が「小さい小銭入れ」を気に入ったポイントは以下の3つ。

  • サイズが絶妙すぎていい感じ
  • 革の質感が良く所有感を満たしてくれる
  • リアル鍵もすっきりとまとまる

サイズが絶妙すぎていい感じ

この28 x 99mmというサイズのポケットが絶妙にぴったりなのだ。

何にぴったりなのかというと、

 

エネキーやドッグタグタイプのワイヤレスキーがまさにシンデレラフィットするのだ。

ちょうど我が家のドアキーは、TOSTEMのCAZASというドッグタグタイプのカードキーを使っていて、このサイズが「小さい小銭入れ」のポケットにぴったり収まるのだ。

また、ガソリン給油のためのエネキーはもうひとつのポケットにいれることで、両方同時に収納することができる。

今のところ、お互いが干渉することもないので、それぞれのキーを取り出すことなくタッチすることができるので、超絶便利なわけである。

 

元々キーケースは持っておらず、カラビナにただぶら下げているだけだったので、傷がついたり落としてしまうことが心配だった。
このようにキーケースにいれることで、しっかりと守られているので、非常に安心だ。

革の質感が良く所有感を満たしてくれる

今回購入した「小さい小銭入れ」は、限定のブッテーロレザーエディションを選択。
こちらは公式のショッピングサイトには在庫が無くて、Amazonから購入することにした。

 

アブラサスの財布にはおもに「国産アンティックガラス牛革」という特殊なガラス加工がされた革が使用されており、艶による高級感と高い耐久性が特徴である。
こちらも色味がきれいでおしゃれなんだが、私は武骨感のあるブッテーロレザーのほうが好み。
もともとコートバンのような硬くてしっかりコシのある革が好きなので、ブッテーロレザーのほうが重厚感のある感触でとても良い感じだ。

ちなみに、6年前に購入した「薄い財布」もブッテーロレザーをチョイスしているので、合わせて持つと統一感があって尚グッドだ。

カラフルな艶感のある革が好みであれば、オリジナルのアンティックガラス牛革版を選ぶと良いだろう。

 

リアル鍵もすっきりとまとまる

外側のネジホルダーにはリアル鍵の穴を通すことでコンパクトに収納することができる。

穴の大きさと枚数の制限こそはあるものの、鍵が少ない人であれば十分収納できるのではないだろうか。
そもそも鍵の多い人はもっと大きなキーケースをお持ちのことだろう。

鍵を使うときは、ネジを中心にして鍵を回すことで目的の鍵を出すことができる。

このようなタイプのキーケースを使ってみたいというあこがれが6割ほどあったが、実際使ってみて使い勝手はまぁまぁといったところ。
正直言うと、たまに片手で上手いことだせずに、イライラすることもあった。

しかし、リアル鍵を使う機会があまりない私にとっては、これらの鍵がすっきりまとまってくれることのほうがメリットだと感じる。

 

特に、カラビナに鍵などを付けているだけだった時、車の運転中に鍵がひざにあたりっぱなしで、ジャラジャラとうるさくかなり気になっていた。

「小さい小銭入れ」を使いだしてからは、鍵が暴れたりお互いを傷つけたりすることもなくなった。

 

まとめ:自分なりの使い方を見つけられる「小さな小銭入れ」

先ほども述べた通り、「小さな小銭入れ」は色々な使い方ができる
サブ財布として使ったり、コインケースとして使ったり、私のようにキーケースとして使ったりと、自分にあった使い方を考えられるのが楽しい。

ミニマリストな人にはもちろん、シンプルでコンパクトだけど機能的な小銭入れをお探しの方にはおすすめできる一品である。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
クンヨシ

クンヨシ

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介する。 基本ユルユル時々マジメに生きている私の生き様(=クンヨシスタイル)を記していこう。

-ファッション、小物
-

Copyright© クンヨシスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.