日用品・生活雑貨

【かゆみ止め】市販で強いやつを比較する(ムヒ、ウナコーワ、エスセレクト)

虫さされ、かぶれ、あせもなど、夏は何かと「かゆさ」に悩まされる季節。そんなかゆみを一刻も早く止めたいときに効果を発揮してくれる「かゆみ止め」について、特に強力な3つについて調べてみようと思う。

近所のドラッグストアなどですぐに買える以下のかゆみ止めの、成分の違いや効能の特徴についてまとめてみたいと思う。

  • ムヒアルファEx
  • ウナコーワ エースL
  • ウインブルダンPCローションX

「とにかくすぐにかゆみを抑えたい!」「ドラッグストアで買えるかゆみ止めでどう違うの?」という方の参考に少しでもなれれば幸いである。

注意ポイント

本記事では、主に薬に含まれる成分やその効能について比較するだけのものであり、どれが一番効果があるという表現は一切していない。あくまで、成分で比較した結果であることをご理解頂きたい。

 

強い「かゆみ止め」にはステロイド入り

「ステロイド」ということばを聞いたことはないだろうか?ステロイドとは簡単に言えば「塗った部分の炎症を鎮めてくれる成分」であり、この成分が含まれているのといないのでは、かゆみの止め具合が大きく異なる。ただし、塗布箇所によっては副作用をもたらす可能性もあるので、注意が必要。

パッケージや商品説明に「PVA」配合などが書かれているものは、ステロイド入り。このPVAが炎症を抑えるステロイド成分の一種ということだ。

ステロイド入りのかゆみ止め

ドラッグストアなどですぐに購入ができるステロイド入りのかゆみ止めとして、今回は以下の3つを比較しようと思う。いずれも、塗りやすい液体タイプのもので選んでみた。

ムヒアルファEXウナコーワ エースLウインブルダンPCローションX
株式会社池田模範堂興和株式会社ジャパンメディック株式会社

 

ムヒアルファEX

かゆみ止めといえばご存じのムヒシリーズの強力版「ムヒアルファEX」。

■効き目にこだわった「PVA+ジフェンヒドラミン塩酸塩」の組み合わせ処方です。
すぐれた抗炎症効果をもつPVA(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)に、すばやくかゆみを抑えるジフェンヒドラミン塩酸塩を組み合わせました。ダニ・ノミ・毛虫・ムカデ・クラゲなどによるがまんできない虫さされ・かゆみにしっかり効きます。

■スーッとする強い清涼感がかゆみをすばやくしずめます。
2つの清涼感成分(ℓ-メントール、dl-カンフル)と液剤ならではのスーッとする強い清涼感により、かゆみをすばやくしずめます。

■手が汚れず塗りやすい塗布栓タイプです。
どんな時でもサッと塗れ、手が汚れない塗布栓タイプの使いやすい容器です。

ムヒアルファEXの特徴(株式会社池田模範堂)

 

ウナコーワ エースL

こちらもご存じウナコーワの強力版「ウナコーワ エースL」。

■ウナ史上最高処方
抗炎症成分PVA(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)、局所麻酔成分リドカイン塩酸塩、かゆみ止め成分ジフェンヒドラミン塩酸塩の3成分を配合したトリプル処方で、かゆみをすばやく抑え、効果的に炎症・はれを鎮めます。

■蚊以外の虫にも効果的
蚊だけでなく、毛虫、ムカデ、ダニ、ノミ、クラゲなどにさされた時にもお使いいただけます。

■手を汚さず塗れる液体タイプ
手軽に使えるスポンジ容器を採用しています。

ウナコーワ エースLの特徴(興和株式会社)

 

ウインブルダンPCローションX(スギ薬局)

こちらはスギ薬局のオリジナル商品シリーズ「エスセレクト」の商品になる。成分をみたところ、きちんとステロイド入りのもので成分が似ているため、比較にいれることにした。

 

3つのかゆみ止めの成分比較表

では、それぞれのかゆみ止めの成分比較表を以下にまとめる(分量については100ml中の配合量)。

ムヒアルファEX
(30ml)

ウナコーワ エースL
(30ml)
ウインブルダンPCローションX
(40ml)
効果
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)0.15g0.15g0.15g炎症を鎮める、毛細血管を引き締めて皮膚の赤みやかゆみをとる
ジフェンヒドラミン塩酸塩1.0g2.0g1.0gかゆみをやわらげる
ℓ-メントール3.5g3.5g3.5g清涼感を与え、かゆみをやわらげる
dl-カンフル1.0g1.0g1.0g清涼感を与え、かゆみをやわらげる
イソプロピルメチルフェノール0.1g-0.1g殺菌作用がある
リドカイン塩酸塩-1.0g1.0gかゆみの伝わりをやわらげる
クロタミトン--5.0gかゆみをやわらげる
グリチルレチン酸--0.2g炎症を抑える作用
トコフェロール酢酸エステル--0.5g血流を改善し、症状の回復を助ける
パンテノール--1.0g皮膚を活性化し、肌そのものをかゆくなりにくくする

 

かゆみ止めの塗り薬とはいえ、多くの成分が配合されていることがわかる。いずれも似たり寄ったりではあるが、スギ薬局のウインブルダンの盛々の成分が目に留まる。

  • ムヒアルファEXには殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールが含まれているが、ウナコーワ エースLには含まれていない。
  • ウナコーワ エースLにはかゆみの伝わりをやわらげるリドカイン塩酸塩が含まれているが、ムヒアルファEXには含まれていない。
  • ゆみをやわらげるジフェンヒドラミン塩酸塩の配合量が最も多いのは、ウナコーワ エースL
  • ウインブルダンPCローションXは全部入り

また内容量についても、ウナコーワ エースLとムヒアルファEXは共に30mlなのに対し、ウインブルダンPCローションXは少し多い40ml。販売価格がほぼ同じであることを考えると、ウインブルダンPCローションXのほうが少しお得な気になる。

 

まとめ

 

本日は、薬局で買える市販の定番な強力なかゆみ止め3種類の成分比較をみてみたわけだが、大きな違いはないように思える。また、価格もほぼ大差はないため、どれを選んでも問題はなさそうだ。

配合されている成分から考慮して、ひとつの目安としての選び方は以下の通り。購入の参考として頂ければ幸いである。

  • かゆみの伝わりを抑えたい ⇒ ウナコーワ エースL
  • 殺菌作用のあるものが良い ⇒ ムヒアルファEX
  • バランス良く、少しでもコスパの良いもの ⇒ ウインブルダンPCローションX



-日用品・生活雑貨
-

© 2020 クンヨシスタイル Powered by AFFINGER5