パソコン・周辺機器

2020/5/31

【WIFIルーター】WIFI名についているアルファベット、数字の意味と最適な選び方

何気なく使っているWIFIの名前(SSID)に含まれるアルファベットや数字が気になったことはないだろうか?たとえば、こういうものだ。 XXX-a XXX-b XXX-g XXX-A-XXX XXX-G-XXX XXX-2G XXX-5G アルファベットが語尾についているパターンや、間に入っているパターンもあるのだが、適当に選んでしまっている方もいるのではないだろうか。 本記事では、WIFIの名前(SSID)に含まれているアルファベットの意味、WIFI規格、そしてシチュエーション別に最適な選び方についてまと ...

続きを読む

家電

2020/5/26

2020年現在Samsung Gear VRを買ってはいけない理由

SamsungのGalaxyスマホ専用のVRゴーグル「Gear VR」は、実売価格10000円前後という価格の割にハイスペックなVRゴーグルである。しかし、2020年5月の現在、この商品を買うのはあまりお勧めしない。 その理由を述べたいと思うので、「Gear VR」の購入を考えている方は一度検討してほしい。   目次 Gear VRは手頃な価格ながらハイスペックで魅力的なVRゴーグル2020年5月以降はGear VRを買ってはならない理由Gear VRアップデートが終了アプリはインストールできる ...

続きを読む

家電

2020/5/18

Google HomeからAmazon Echoに乗り換えたたったひとつの理由

スマートスピーカーは、ユーザーの音声操作によってAIアシスタントがインターネットを介して様々なお手伝いをしてくれる、いわば生活のコンサルジュ的な存在(といえば少し言い過ぎか)。 その中で最も人気が高い ...

続きを読む

オーディオ

2020/5/12

[スペック比較]Surface EarbudsとGalaxy Buds+を比べて分かったこと

MicrosoftのSurface Earbuds、SamsungのGalaxy Buds+の完全ワイヤレスイヤホン。 見た目は似ているし性能も近いこの2機種の比較をしてみると、ターゲットとしているユーザーが異なることに気づいた。 これら2機種を検討している方の参考になれば幸いである。 目次 Surface EarbudsGalaxy Buds+ (Plus)スペック比較買うならどっちのBuds? Surface Earbuds Surface Earbuds(サーフェス イヤーバッズ)は、2020年5月 ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

2020/5/12

Qi充電もできるおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」レビュー

高性能なレーザー式のマウスのおかげで、ガラスやビニールなど透明な机の上でもある程度は問題なく使えるようになってきた。 しかし細かい動きなどが必要な画像や動画編集、パワーポイントの微妙な配置移動をする際にマウスポインタが飛んでしまいイライラしてしまうことも少なくない。   そこで先日、レザー調のおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」を購入してみたわけだ。 ただのおしゃれマウスパットだけでなく、注目すべきは「Qiワイヤレス充電」機能が内蔵されていることだ。 パソコンで作業をするときにデス ...

続きを読む

ガーグッズ

iPad miniなどのタブレット端末を車に固定する4つのパターン

格安SIMの普及に伴い、カーナビとしてタブレット端末を車載用に導入を検討する人が増えてきている。

カーナビとしても使用はもちろんのこと、音楽や動画再生などのマルチメディアとしての目的で搭載したいと思う人も多いはず。

画面が広く操作しやすいタブレットは、設置場所を選んでしまうのもまた事実。

そこで本日は、タブレットを車に固定できる4つのパターンとおすすめの商品を紹介したいと思う。

 

これからiPadのようなタブレットを車載用にしたいけど、どのタイプを選んでいいのかわからない人の参考になれたら幸いである。

車の前列にタブレットを固定する4つのパターン

タブレットをカーナビやマルチメディアデバイスとして使うためには、車の前列(運転席、助手席周り)にタブレットを固定する必要がある。

そこで、運転席や助手席から見やすくて操作しやすい設置パターンをいくつか紹介しよう。

設置のしやすさ 安定性 見やすさ 操作性 見た目
ドリンクホルダー
ダッシュボード
フロントガラス、バイザー
専用マウント

 

ドリンクホルダー固定タイプ

ほぼ全ての車についているであろうドリンクホルダーに固定することができるのがこのタイプ。

設置のしやすさは非常に簡単。
座席についてあるドリンクホルダーにアームを差し込むだけで使うことができる。

設置場所によっては操作しづらくなってしまうかもしれないが、使わないときはすぐに取り外せるというメリットもある。

また、ホルダーのタイプやタブレットの大きさによっては、固定が不安定になってしまい操作しづらくなってしまうデメリットもある。

 

ダッシュボード固定タイプ

ダッシュボードに固定するタブレットホルダーであれば、操作しやすい上に座席回りもすっきりとさせることができる

ドリンクホルダー固定に比べて、アームが短かったりするので、安定性は増すだろう

ただし、大き目なタブレットを選ぶ場合、運転の邪魔にもなりかねないので、設置する場所を選んでしまうこともあるかもしれない。


フロントガラス、バイザー固定タイプ

フロントガラスやバイザーなどの視界上部に取り付けるタイプもある。

フロントガラスの視野は狭まってしまうものの、画面の見やすさは抜群だろう。

ただし、設置場所によっては操作がしづらくなってしまうこともあるかもしれない。


専用マウント

かなり車種は限定されるが、タブレット専用のマウントで固定する方法もある。

安定性、操作性、見た目全てを満たしてくれるのだが、ネックは「対応車種が圧倒的に少ない」ということだ。


タブレット直付けという選択肢もアリ

どうしてもちょうど良いホルダーが見つからないという場合、思い切って直付けをするという選択肢もアリだ。

タブレットを車載専用として使うなら、インパネに直接両面テープで張り付けることもできる。

 

ただ、取り外すことも想定するのであれば、おすすめはマジックテープで固定するというものだ。

実際に私もiPad miniを古いナビの上にマジックテープで張り付けているのだが、意外としっかりと固定してくれている
ガタガタ道や車が大きく揺れていてもガタついたり外れたりしたことは無い。

もちろん、タブレットを持ち出したいときはマジックテープを外すだけなので、非常に手軽に外すことができる


 

愛車に合ったタブレットホルダーを選ぼう

どんな車にでもタブレットを設置すれば、ハイテクなマルチメディアデバイスとしてドライブを豊かにしてくれるだろう。

自身の車に合わせて、是非ベストなタブレットホルダーを選んでもらいたい。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
クンヨシ

クンヨシ

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介する。 基本ユルユル時々マジメに生きている私の生き様(=クンヨシスタイル)を記していこう。

-ガーグッズ
-,

Copyright© クンヨシスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.