スマホ・スマートウォッチ

Galaxy unpacked 2020 Summerを見た直後の素直な感想

2020年の夏、Samsungの新製品発表会「Galaxy Unpacked」のオンライン配信があったわけだが、見た直後の率直な感想を簡単に述べたいと思う。

5つの新しいパワーデバイスが発表された

以前の記事で述べた通り、以下5つの製品の発表があった。

  1. Galaxy Note 20/20 Ultra
  2. Galaxy Tab S7/S7+
  3. Galaxy Buds Live
  4. Galaxy Watch 3
  5. Galaxy Z Fold 2

Galaxy Unpackedという新製品発表会は、スペックどうこう言うよりも、「Galaxyシリーズを使うことでどういう体験ができるか」を中心に伝えられていた。中でもスマホ、タブレット、時計やイヤホンなどを連携することでシームレスな体験ができる「Galaxyエコシステム」の提案がメッセージとして強く伝えられていたように感じた。
また、「Mystic Bronze」と呼ばれる新カラーが、今回のイメージカラーだそうだ。

Galaxy Note 20/20 Ultra

6.7インチのGalaxy Note 20と6.9インチのGalaxy Note 20 Ultraの2モデルが発表された。画面のリフレッシュレートや外装の素材などで違いがあるらしい。
Sペンについても、「新しくデザインされた」とプレゼンされていたが、これといった気になる機能は特になかった。従来通りという感じ。

また、Note20の手書きメモをOneNoteやスケジューラーと簡単に同期できるようになることや、XboxのゲームがNote20でどこでも楽しめるようになるなど、Microsoftとのコラボレーションについても話されていた。

Galaxy Tab S7/S7+

Galaxyのタブレットは使ったことがないため、今回はじめて見たわけだが、意外といいなと思った。「世界で一番薄くて丈夫なタブレット」とのことだが、見た目も新型iPadのようなエッジがあるデザインで素直にかっこいいなと感じた。

Galaxy Buds Live

初のアクティブノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンだった。オープン型の採用で、不要な雑音はカットしつつも電車などのアナウンスなどはしっかり届くようチューニングされているらしい。

Galaxy Watch 3

今のご時世のこともあり、ヘルスケアについて重点をおいたプレゼン内容だった。以前まではなかった「血中酸素濃度」を計測する機能があるらしく、いつでも手軽に体のバロメータを測れるスマートウォッチだ。またウォッチフェイスでは、スマホで自分の服装の一部を撮ることで、服装にマッチしたウォッチフェイスを提案してくれる機能があるらしい。

Galaxy Z Fold 2

コンシューマ向けというより、Samsungの技術力をアピールするための製品といった印象。以前のFoldで評判の悪かった内容をきちんとフィードバックしてリニューアルさせた感じ。

 

所感:「これ絶対欲しい!」という心躍るものではなかった

新製品の発表会は、見ていて楽しいものだった。日本企業ではなかなかないようなインタラクティブなプレゼンで、思わず見入ってしまった。
しかし、製品については「すごい!これは絶対に欲しい!」という気持ちは正直あまりなかった。

そう感じてしまうのは、私がガジェットに関してはスペック厨なところがあるせいかもしれないので、詳細なスペックが発表されてからまた検討したいと思う。

-スマホ・スマートウォッチ
-,

© 2020 クンヨシスタイル Powered by AFFINGER5