クンヨシスタイル

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介するブログ。

デジライフ

2020/3/19

DS218JでNASデビューを果たす ~買ったものとセットアップ~

先日購入したNASシステム、Synology DiskStation DS218Jが届いた。 事前に購入していたNAS用ハードディスクも手元にあったので、さっそくセットアップを試みた。 目次 今回購入したものSynology DiskStation DS218JSEAGATE IronWolf 4TB(ST4000VN008)さっそくハードディスクを取り付けてセットアップついにNASデビューを果たす 今回購入したもの Synology DiskStation DS218J これがないと始まらない。 いまや ...

続きを読む

デジライフ

2020/3/19

Synology DS218Jを買ってすぐ、後継機DS220Jがリリースされた件

前から気になっていた個人用のNAS。 ようやく運用してみようと踏ん切り、Synology DS218Jを購入したら数日後、後継機のDS220Jが発表された…。 目次 価格.comランキング1位のDS218Jを購入後継機DS220Jが発表されていたことに気づく新モデルDS220Jと旧モデルDS218Jのスペック比較後継機DS220Jが発売されたけど、DS218Jでも十分かも 価格.comランキング1位のDS218Jを購入 ちなみに購入したのは台湾Synologyの個人向けエントリーモデルのDS218J。 リ ...

続きを読む

サービス

2020/3/14

【携帯業界の革命児】Rakuten UN-LIMITのおさえるべきポイント5つ

最近私の中で熱い「楽天サービス」より先日、楽天モバイルから発表された新サービス「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」。 ドコモ、au、ソフトバンクに続く第四のキャリアを打ち出す楽天が、ついに自社ネットワークでのサービスを2020年4月8日から開始することを発表したのだ。 それに先駆け、3月3日から先行申込の受付が開始され、なんと300万人を対象に1年間の基本料金無料キャンペーンが行われる。   そこで、Rakuten UN-LIMITの抑えるべきポイント5つを紹介しようと思う。 ...

続きを読む

ガジェット

2020/2/20

[2020年上半期]サムスンの新製品が発表!Galaxy Watchの新モデルは?

Samsungのスマートウォッチ、Galaxy Watchが発表された2018年から、1年近くが過ぎた。 スマートフォンに比べたらそこまで早い商品サイクルではないが、そろそろGalaxy Watchの新モデル発表が期待される声も聞かれる。 先日、米サンフランシスコにてプライベートイベント「Galaxy Unpacked 2020」が行われ、2020年上半期のSamsungの新製品発表があった。 目次 プライベートイベント「Galaxy Unpacked 2020」で発表された内容次世代スマートフォン「Ga ...

続きを読む

ガジェット

2020/2/16

【スマホを紛失しても追跡する方法】スマートウォッチ、アプリ、Tileで追跡

電車や公衆トイレ、居酒屋などでついついスマホを置きっぱなしにしてしまい、後から「あれっ!?スマホがない!?」と焦ってしまった経験はないだろうか? TIME&SPACE(KDDI)によると、3人に1人はスマホを紛失した経験があり、なくした場所については1位「交通機関(電車、タクシー、バスなど)」、2位「飲食店、宴会、お酒の席」、3位「路上」の順に高かったそうだ。 スマホ紛失時の対応法は? 検索方法や事前設定をiPhone・Android別に紹介(TIME&SPACE) もはや他人事とは言えな ...

続きを読む

ガジェット

Gear S3のバッテリー減りが早いからGalaxyWatchへ変えたら「2倍感動」した話

最近、愛用のスマートウォッチ「Galaxy Gear S3」のバッテリーの減りが早くなってきた気がする。また、頻繁にS3のファームアップデートが走り、それに伴い(?)動作が不安定に思うことも多くなったんで、思い切って、Galaxy Watch(46mm)に乗り換えてみた

まだ使い始めて1週間しか経ってないが、ざっくりと感想を言えば主に以下の2点。

  • バッテリーの持ちは大幅改善
  • 待望のQiワイヤレス充電ができるようになった

「たったこれだけ?」と言われそうだが、旧モデルの完成度が高かっただけに、新モデルでは目立って大きな変更点はないと感じた

Gear S3とGalaxy Watchの主な変更点

Galaxy Watchの主なポイントとしては、

  • Gear S3は46mmモデルのみだったのに対し、Galaxy Watchは小型の42mmと既存の46mmがある
  • カラバリは、42mmはミッドナイトブラックとローズゴールド、46mmはシルバーのみ
  • CPU(SoC)が若干よくなっている
  • 46mmモデルは、バッテリー容量が2割ほど増えている(Gear S3:380mAh、Galaxy Watch 46mm:472mAh、42mm:270mAh)
  • Gear Watchは、ワイヤレス充電(Qi)に対応

なお、ディスプレイの解像度やRAM、サイズ、重量などはほとんど同じ。

大きな進化ではないが、確実で堅実なスペックアップを感じた

ちなみに、私が購入したものは46mmモデルだ。
Gear S3と同じサイズ感や操作性に慣れていることと、やはりバッテリー容量が増えているのが選んだ大きな理由だ。

バッテリーの持ちは大幅改善

バッテリー容量は、380mAhから472mAhと約2割ほど増えている。

数字だけ見るとたった2割と感じるかもしれないが、その他にもハード的にソフト的にもチューニングされているらしく、数字以上にバッテリーの伸びを感じることができた

以前のGear S3では、1回の充電で1日半が限界だと感じていた。
直近では、夕方17時頃には15%を切ってバッテリー警告がでることもしばしばあった。

それがGear Watchだと、2日~2日半程度は持つようになっている。

実際、以前使っていたGear S3とほぼ同じ使い方で、1.5倍~2倍ほど長持ちしている気がする。

まだ購入したばかりということもあるだろうが、今のところはバッテリーの持ちがとてもよくなったと感じており、この理由だけでも買い替えてよかったと思える。

待望のQIワイヤレス充電ができるようになった

新モデルになって、ようやくQiに対応するようになった。

これによって、メインスマホのGalaxy S10 plusのリバースワイヤレス給電で充電することができ、外出先で急な電池切れにも対応できるようになった。

使わない人にとっては必要のない機能だが、少し長めの旅行にいくとき、充電器を持っていく必要がなくなるので、個人的に欲しかった機能である。

まとめレビューは、もう少し使ってみてから

1年ほど使ってきたGear S3のバッテリーの持ちが悪くなってきたので、思い切ってGalaxy Watch 46mmに乗り換えた。

外見やスペック的にも大きな違いは見当たらないものの、使ってみて1週間、バッテリーの持ちが大幅に向上していたことと、Qi充電が使えるようになり旧モデルより便利に仕上がっていると感じた。

もうしばらく使ってみて、改めてレビューをまとめたいと思う。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
クンヨシ

クンヨシ

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介する。 基本ユルユル時々マジメに生きている私の生き様(=クンヨシスタイル)を記していこう。

-ガジェット
-, ,

Copyright© クンヨシスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.