パソコン・周辺機器

2020/8/2

Surface Proのバッテリー消費を抑える電源設定。iPadからの移行組は必見。

家でフル充電させたSurface Proを持ち出したものの、外出先で開こうとしたら既にバッテリーが半分なんて経験をされたことはないだろうか?その原因のひとつとして、Surface Proのスタンバイ方法が初期設定のままであることが考えられる。 スリープ状態とか休止状態とか、言葉は聞いたことがあるもののどっちを使っていいか分からない方というにも読んで欲しい記事となっている。   目次 勝手にバッテリーが消費される原因は「スリープモード」Surface Proの電源ボタンを「休止状態」に設定するSu ...

続きを読む

家電

2020/8/2

【速報】Galaxy Watch 3のアップデート内容!海外では既にハンズオンレビュー有り

Galaxy Watch 3の発表が8月5日に迫る中、海外では既にGalaxy Watch 3のハンズオンレビューがYoutubeにあがっている。本日は、動画の中で明らかになったGalaxy Watch 3のアップデート内容についてお伝えしたい。 目次 海外のGalaxy Watch 3ハンズオンレビューたち動画で分かったGalaxy Watch 3のアップデート内容とその所感サイズは41mmと45mmの2種類ベゼルのスリム化で、コンパクトかつ大画面化回転ベゼルが復活メモリは強化されたバッテリーは容量は減 ...

続きを読む

家電

2020/8/4

Galaxy Watchで使えるLINE(ライン)の機能を全て解説

LINEの内容を手軽に確認したいという理由から、スマートウォッチを使いたいと思ってる方は少なくないはず。またLINE通知はできるもの、肝心な中身の文章やスタンプまでは確認できないというスマートウォッチは数多い。その中でGalaxy Watchは、LINEの内容を確認することはもちろん、その場ですぐに返信することができる優秀なスマートウォッチだ。 本記事では、Galaxy Watchで使えるLINEの機能について、まとめていきたいと思う。 スマートウォッチでLINEを使いたいと思っている方や、Galaxy ...

続きを読む

スマホ

2020/8/4

ついに新型Galaxy Watch3が発表か!?Unpacked 2020夏で5つのパワーデバイス

2020年8月5日午後11時(日本時間)より、Samsungの新製品発表会「Galaxy Unpacked 2020」がオンライン上で配信されることが発表された。 その発表の中でサムスン電子社長Dr.TM Roh氏が、「5つの新しいパワーデバイスを発表する」という言葉があり、注目が集まっている。 また、Samsungの新製品ラインナップと思われる画像には、私待望のスマートウォッチの新モデル「Galaxy Watch3」らしき姿も見られた。   ======= 【追記:2020年7月31日】新モデ ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

2020/7/11

Surface Proとあわせて揃えたい周辺機器(後半:便利アクセサリ)

Microsoftで人気な2-in-1ラップトップのSurface Pro。前半の記事では、Surface Proとあわせて揃えたい基本アクセサリについて紹介させて頂いた。 本記事では、Surface Proを最大限に活用するためにカスタマイズできるアイテムや、より「痒い所に手が届く」ような便利アクセサリを紹介したいと思う。 前半:基本アクセサリ編   目次 予備充電器Microsoft純正 電源アダプターBOLWEO Surface Pro用充電器BOLWEO USB-C 充電ケーブルモバイル ...

続きを読む

家電

Gear S3のバッテリー減りが早いからGalaxyWatchへ変えたら「2倍感動」した話

最近、愛用のスマートウォッチ「Galaxy Gear S3」のバッテリーの減りが早くなってきた気がする。また、頻繁にS3のファームアップデートが走り、それに伴い(?)動作が不安定に思うことも多くなったんで、思い切って、Galaxy Watch(46mm)に乗り換えてみた

まだ使い始めて1週間しか経ってないが、ざっくりと感想を言えば主に以下の2点。

  • バッテリーの持ちは大幅改善
  • 待望のQiワイヤレス充電ができるようになった

「たったこれだけ?」と言われそうだが、旧モデルの完成度が高かっただけに、新モデルでは目立って大きな変更点はないと感じた

Gear S3とGalaxy Watchの主な変更点

Galaxy Watchの主なポイントとしては、

  • Gear S3は46mmモデルのみだったのに対し、Galaxy Watchは小型の42mmと既存の46mmがある
  • カラバリは、42mmはミッドナイトブラックとローズゴールド、46mmはシルバーのみ
  • CPU(SoC)が若干よくなっている
  • 46mmモデルは、バッテリー容量が2割ほど増えている(Gear S3:380mAh、Galaxy Watch 46mm:472mAh、42mm:270mAh)
  • Gear Watchは、ワイヤレス充電(Qi)に対応

なお、ディスプレイの解像度やRAM、サイズ、重量などはほとんど同じ。

大きな進化ではないが、確実で堅実なスペックアップを感じた

ちなみに、私が購入したものは46mmモデルだ。
Gear S3と同じサイズ感や操作性に慣れていることと、やはりバッテリー容量が増えているのが選んだ大きな理由だ。

バッテリーの持ちは大幅改善

バッテリー容量は、380mAhから472mAhと約2割ほど増えている。

数字だけ見るとたった2割と感じるかもしれないが、その他にもハード的にソフト的にもチューニングされているらしく、数字以上にバッテリーの伸びを感じることができた

以前のGear S3では、1回の充電で1日半が限界だと感じていた。
直近では、夕方17時頃には15%を切ってバッテリー警告がでることもしばしばあった。

それがGear Watchだと、2日~2日半程度は持つようになっている。

実際、以前使っていたGear S3とほぼ同じ使い方で、1.5倍~2倍ほど長持ちしている気がする。

まだ購入したばかりということもあるだろうが、今のところはバッテリーの持ちがとてもよくなったと感じており、この理由だけでも買い替えてよかったと思える。

待望のQIワイヤレス充電ができるようになった

新モデルになって、ようやくQiに対応するようになった。

これによって、メインスマホのGalaxy S10 plusのリバースワイヤレス給電で充電することができ、外出先で急な電池切れにも対応できるようになった。

使わない人にとっては必要のない機能だが、少し長めの旅行にいくとき、充電器を持っていく必要がなくなるので、個人的に欲しかった機能である。

まとめレビューは、もう少し使ってみてから

1年ほど使ってきたGear S3のバッテリーの持ちが悪くなってきたので、思い切ってGalaxy Watch 46mmに乗り換えた。

外見やスペック的にも大きな違いは見当たらないものの、使ってみて1週間、バッテリーの持ちが大幅に向上していたことと、Qi充電が使えるようになり旧モデルより便利に仕上がっていると感じた。

もうしばらく使ってみて、改めてレビューをまとめたいと思う。

-家電
-, , ,

© 2020 クンヨシスタイル Powered by AFFINGER5