家電

2020/5/26

2020年現在Samsung Gear VRを買ってはいけない理由

SamsungのGalaxyスマホ専用のVRゴーグル「Gear VR」は、実売価格10000円前後という価格の割にハイスペックなVRゴーグルである。しかし、2020年5月の現在、この商品を買うのはあまりお勧めしない。 その理由を述べたいと思うので、「Gear VR」の購入を考えている方は一度検討してほしい。   目次 Gear VRは手頃な価格ながらハイスペックで魅力的なVRゴーグル2020年5月以降はGear VRを買ってはならない理由Gear VRアップデートが終了アプリはインストールできる ...

続きを読む

家電

2020/5/18

Google HomeからAmazon Echoに乗り換えたたったひとつの理由

スマートスピーカーは、ユーザーの音声操作によってAIアシスタントがインターネットを介して様々なお手伝いをしてくれる、いわば生活のコンサルジュ的な存在(といえば少し言い過ぎか)。 その中で最も人気が高い ...

続きを読む

オーディオ

2020/5/12

[スペック比較]Surface EarbudsとGalaxy Buds+を比べて分かったこと

MicrosoftのSurface Earbuds、SamsungのGalaxy Buds+の完全ワイヤレスイヤホン。 見た目は似ているし性能も近いこの2機種の比較をしてみると、ターゲットとしているユーザーが異なることに気づいた。 これら2機種を検討している方の参考になれば幸いである。 目次 Surface EarbudsGalaxy Buds+ (Plus)スペック比較買うならどっちのBuds? Surface Earbuds Surface Earbuds(サーフェス イヤーバッズ)は、2020年5月 ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

2020/5/12

Qi充電もできるおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」レビュー

高性能なレーザー式のマウスのおかげで、ガラスやビニールなど透明な机の上でもある程度は問題なく使えるようになってきた。 しかし細かい動きなどが必要な画像や動画編集、パワーポイントの微妙な配置移動をする際にマウスポインタが飛んでしまいイライラしてしまうことも少なくない。   そこで先日、レザー調のおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」を購入してみたわけだ。 ただのおしゃれマウスパットだけでなく、注目すべきは「Qiワイヤレス充電」機能が内蔵されていることだ。 パソコンで作業をするときにデス ...

続きを読む

ガーグッズ

2020/5/13

タブレットを本格カーナビ化するためのマストアイテム5選

タブレット端末が普及してきた昨今、iPadなどをカーナビの代わりとして使いたいというニーズも増えてきている。カーナビならではの良さは未だ健在であるものの、カーナビ本体が高価なことや地図データ更新の度に費用がかかるなどと、長期的にみてもあまりスマートとは言い難い。 タブレット端末を使うことでネット環境さえ整えば、無料で常に最新の地図情報を得ることができ、SpotifyやGoogle Music、YouTubeなどといった多くのメディアを手軽に楽しむことができる。 そこで本日は、実際に私が構築したiPad m ...

続きを読む

家電

Gear S3のバッテリー減りが早いからGalaxyWatchへ変えたら「2倍感動」した話

最近、愛用のスマートウォッチ「Galaxy Gear S3」のバッテリーの減りが早くなってきた気がする。また、頻繁にS3のファームアップデートが走り、それに伴い(?)動作が不安定に思うことも多くなったんで、思い切って、Galaxy Watch(46mm)に乗り換えてみた

まだ使い始めて1週間しか経ってないが、ざっくりと感想を言えば主に以下の2点。

  • バッテリーの持ちは大幅改善
  • 待望のQiワイヤレス充電ができるようになった

「たったこれだけ?」と言われそうだが、旧モデルの完成度が高かっただけに、新モデルでは目立って大きな変更点はないと感じた

Gear S3とGalaxy Watchの主な変更点

Galaxy Watchの主なポイントとしては、

  • Gear S3は46mmモデルのみだったのに対し、Galaxy Watchは小型の42mmと既存の46mmがある
  • カラバリは、42mmはミッドナイトブラックとローズゴールド、46mmはシルバーのみ
  • CPU(SoC)が若干よくなっている
  • 46mmモデルは、バッテリー容量が2割ほど増えている(Gear S3:380mAh、Galaxy Watch 46mm:472mAh、42mm:270mAh)
  • Gear Watchは、ワイヤレス充電(Qi)に対応

なお、ディスプレイの解像度やRAM、サイズ、重量などはほとんど同じ。

大きな進化ではないが、確実で堅実なスペックアップを感じた

ちなみに、私が購入したものは46mmモデルだ。
Gear S3と同じサイズ感や操作性に慣れていることと、やはりバッテリー容量が増えているのが選んだ大きな理由だ。

バッテリーの持ちは大幅改善

バッテリー容量は、380mAhから472mAhと約2割ほど増えている。

数字だけ見るとたった2割と感じるかもしれないが、その他にもハード的にソフト的にもチューニングされているらしく、数字以上にバッテリーの伸びを感じることができた

以前のGear S3では、1回の充電で1日半が限界だと感じていた。
直近では、夕方17時頃には15%を切ってバッテリー警告がでることもしばしばあった。

それがGear Watchだと、2日~2日半程度は持つようになっている。

実際、以前使っていたGear S3とほぼ同じ使い方で、1.5倍~2倍ほど長持ちしている気がする。

まだ購入したばかりということもあるだろうが、今のところはバッテリーの持ちがとてもよくなったと感じており、この理由だけでも買い替えてよかったと思える。

待望のQIワイヤレス充電ができるようになった

新モデルになって、ようやくQiに対応するようになった。

これによって、メインスマホのGalaxy S10 plusのリバースワイヤレス給電で充電することができ、外出先で急な電池切れにも対応できるようになった。

使わない人にとっては必要のない機能だが、少し長めの旅行にいくとき、充電器を持っていく必要がなくなるので、個人的に欲しかった機能である。

まとめレビューは、もう少し使ってみてから

1年ほど使ってきたGear S3のバッテリーの持ちが悪くなってきたので、思い切ってGalaxy Watch 46mmに乗り換えた。

外見やスペック的にも大きな違いは見当たらないものの、使ってみて1週間、バッテリーの持ちが大幅に向上していたことと、Qi充電が使えるようになり旧モデルより便利に仕上がっていると感じた。

もうしばらく使ってみて、改めてレビューをまとめたいと思う。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
クンヨシ

クンヨシ

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介する。 基本ユルユル時々マジメに生きている私の生き様(=クンヨシスタイル)を記していこう。

-家電
-, , ,

Copyright© クンヨシスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.