クンヨシスタイル

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介するブログ。

デジライフ

2020/3/19

DS218JでNASデビューを果たす ~買ったものとセットアップ~

先日購入したNASシステム、Synology DiskStation DS218Jが届いた。 事前に購入していたNAS用ハードディスクも手元にあったので、さっそくセットアップを試みた。 目次 今回購入したものSynology DiskStation DS218JSEAGATE IronWolf 4TB(ST4000VN008)さっそくハードディスクを取り付けてセットアップついにNASデビューを果たす 今回購入したもの Synology DiskStation DS218J これがないと始まらない。 いまや ...

続きを読む

デジライフ

2020/3/19

Synology DS218Jを買ってすぐ、後継機DS220Jがリリースされた件

前から気になっていた個人用のNAS。 ようやく運用してみようと踏ん切り、Synology DS218Jを購入したら数日後、後継機のDS220Jが発表された…。 目次 価格.comランキング1位のDS218Jを購入後継機DS220Jが発表されていたことに気づく新モデルDS220Jと旧モデルDS218Jのスペック比較後継機DS220Jが発売されたけど、DS218Jでも十分かも 価格.comランキング1位のDS218Jを購入 ちなみに購入したのは台湾Synologyの個人向けエントリーモデルのDS218J。 リ ...

続きを読む

サービス

2020/3/14

【携帯業界の革命児】Rakuten UN-LIMITのおさえるべきポイント5つ

最近私の中で熱い「楽天サービス」より先日、楽天モバイルから発表された新サービス「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」。 ドコモ、au、ソフトバンクに続く第四のキャリアを打ち出す楽天が、ついに自社ネットワークでのサービスを2020年4月8日から開始することを発表したのだ。 それに先駆け、3月3日から先行申込の受付が開始され、なんと300万人を対象に1年間の基本料金無料キャンペーンが行われる。   そこで、Rakuten UN-LIMITの抑えるべきポイント5つを紹介しようと思う。 ...

続きを読む

ガジェット

2020/2/20

[2020年上半期]サムスンの新製品が発表!Galaxy Watchの新モデルは?

Samsungのスマートウォッチ、Galaxy Watchが発表された2018年から、1年近くが過ぎた。 スマートフォンに比べたらそこまで早い商品サイクルではないが、そろそろGalaxy Watchの新モデル発表が期待される声も聞かれる。 先日、米サンフランシスコにてプライベートイベント「Galaxy Unpacked 2020」が行われ、2020年上半期のSamsungの新製品発表があった。 目次 プライベートイベント「Galaxy Unpacked 2020」で発表された内容次世代スマートフォン「Ga ...

続きを読む

ガジェット

2020/2/16

【スマホを紛失しても追跡する方法】スマートウォッチ、アプリ、Tileで追跡

電車や公衆トイレ、居酒屋などでついついスマホを置きっぱなしにしてしまい、後から「あれっ!?スマホがない!?」と焦ってしまった経験はないだろうか? TIME&SPACE(KDDI)によると、3人に1人はスマホを紛失した経験があり、なくした場所については1位「交通機関(電車、タクシー、バスなど)」、2位「飲食店、宴会、お酒の席」、3位「路上」の順に高かったそうだ。 スマホ紛失時の対応法は? 検索方法や事前設定をiPhone・Android別に紹介(TIME&SPACE) もはや他人事とは言えな ...

続きを読む

サービス

【例文あり】メルカリでブランド品の偽物を返品したい時の対処法

  1. メルカリやラクマといった個人間のフリマアプリが流行っている。

質屋や中古店にいってもなかなか御目当ての品がないことが多いが、このようなフリマサービスだと在庫の確認がすぐにできるし、いちいちお店に新入荷商品をチェックしにいく必要もない。
おまけに個人間やりとりで仲介業者も挟まないため、市場価格より安めに売られていることが多い。

非常に便利である反面、この個人間売買という特徴からトラブルが発生するケースも少なくない。

多く発生しているトラブルのひとつとして挙げられるのは、「ブランド正規品と偽った偽物の出品」である。

私自身も、過去幾度と偽物を購入してしまったことがある。
だが、メルカリの返品ガイドラインに基づいて対処している限り、現状全ての取引をキャンセルすることができている

そこで本日は、万が一偽物をつかまされてしまった時の私なりの対処法をメッセージ例文も含めてを紹介したい。

メルカリの偽ブランド出品の現状

近年フリマアプリの流行に伴い、そのトラブルについても後を絶たない。

私自身、過去に5回も偽物をつかまされてしまった。

もちろん、以下のような基本的な注意点は意識していたはずだったが、最近の偽物もレベルが高かったりと実物をみないとどうしても判別がつかないことがある。

偽物を買わないための注意点

  • 出品者の評価をチェックする。「悪い」評価が1つでもついていたり、販売実績がない方からは極力買わない。
  • 商品についてできるだけ詳細に確認する。商品の購入元、レシート、商品の詳細写真、保証証の有無、等。
  • 価格の正当性。相場より異常に安いものは論外。ただし、最近はわざと相場より少しだけ安めに設定している場合があるので注意。

楽しみにしていた商品が、到着後開けてみると偽物だったときのショックは大きいものだ。

もちろんメルカリで偽物ブランドを販売することは禁止されている。(そもそも法律でも偽ブランドの取引は禁止されている)
注意が必要なのは、購入者側であっても、偽ブランドを購入すると罪に問われる可能性があるということだ。

自分は大丈夫だと思っているからこそ、もし偽物を買ってしまったときのショックは計り知れない。
「やってしまった」と泣き寝入りする前に、正しく対処すれば確実に返品することができるので、落ち着いて対応してほしい。

偽物が届いた時の対処法

到着した商品が偽物だった場合、落ち着いて以下の対応をしてほしい。
少し時間がかかる時もあるが、ほぼ確実に返品することができる私なりの対処方法を紹介したい。

これらの方法は、私が実際に意識して行動していることであり、詳しくはメルカリのガイドラインに載っているので確認してほしい。

 

なお、返品の手順は以下の通り。

  1. [購入者]出品者に返品のメッセージを送る
  2. [購入者]出品者が返品に同意したら、商品を返品発送する
  3. [出品者]返品された商品が到着する
  4. [出品者]取引キャンセルを申請する
  5. [購入者]取引キャンセルに同意する

すぐに受取評価をしないこと

相手から商品が発送されると、アプリの方で「受取評価をしてください」と促される。

だが、ここですぐに受取評価をしてはいけない。

少しでも商品に違和感や疑問があれば、絶対に受取評価をしてはいけない。

 

メルカリでは、受取評価をして購入者評価をしたタイミングで取引が成立とみなされる。

  1. [購入者]商品の購入
  2. [出品者]商品の発送
  3. [購入者]商品が到着
  4. [購入者]商品の受取評価
  5. [出品者]購入者の評価 ←取引が成立

つまり、受取評価をしてしまい、出品者が購入者評価をしてしまったら最後、もう取引キャンセルは絶望的となる。

そのためにも、届いた商品に違和感や疑問があれば、自分が納得できるまでは受取評価をしてはいけないのだ。

受取評価が長引けば、出品者から催促のメッセージが届くこともあるだろうが、ここは素直に伝えるべきだ。

例文

お待たせしており申し訳ありません。
商品は無事到着しましたが、商品説明文との相違があり、違和感があります。
判断ができ次第、評価をさせていただきますので、今しばらく(◯日まで)お待ち頂けますでしょうか。
どうぞ、よろしくお願いします。

 

出品者側としては、一刻も早く売り抜けたいところなので、様々なメッセージを送ってくることもあるだろうが、ここはしっかりと待ってほしい。

メルカリ運営側も「内容を確認して受取評価をしてください」としているように、内容が確認できていない以上受取評価をする必要はない。

そして、確実に偽物とは言い切れないが商品に違和感があるのであれば、お近くの質屋や鑑定業者に依頼しよう。

出品者に返品の同意をしてもらう

偽物だと判断した場合、すぐにその旨を出品者に伝え、返品に応じてもらおう。

例文

大変お待たせしました。
近くの◯◯で鑑定を依頼したところ、正規品に沿わないとの結果でした。
よって、商品の返品及びお取引をキャンセルさせて頂きたいと思います。

多くの出品者は、匿名発送としているだろうから、改めて返品先の住所と名前を聞く必要がある。

例文

商品を返品いたしますので、送り先の住所及びお名前をいただけますか。
お手数ですが、どうぞよろしくお願いします。

出品者自身が意図せず偽物を送ってしまっている場合もあるが、たいていの場合は偽物だと認識しているはずだ。
ただ出品者としても、ここでごねったりしてしまうと後々面倒になったりアカウント停止されることを恐れているので、バレてしまった以上できるだけ穏便に済ませたいと思う。

よって購入者側も丁寧に対応すれば、大人しく対応してくれるはずだ。

商品の返品発送を行う

出品者が返品に同意してくれたら、商品の返品発送を行おう。

返品時の発送にはらくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便は使えないため、一般的な郵便で発送を行う。

メルカリの利用規約に基づくと、返品の発送費用は出品者が負担するものとされている。
よって、着払いで発送することは基本的には間違っていないのだが、発送する際には一言メッセージを付け加えた方が親切である。

なお、返品発送については、着払いとさせて頂きますので、ご理解ください。

また、発送した際の追跡番号を伝えると出品者側も安心できるのでベターだ。

出品者に取引キャンセルをしてもらう

返品商品が出品者に届いたことが確認できたら、出品者に取引キャンセルをしてもらおう。

商品が到着しましたら、取引キャンセルの申請をお願いします。

 

取引キャンセルの申請は原則として、返品した商品が出品者に届いてから、出品者が行うものとされている。

取引キャンセルが成立すれば、手続きは無事終了となる。

またクレジットカードで支払いをした場合、時間差で先に引き落とされることもあるが、後日キャンセルで返金されるので安心してほしい。

返品のトラブル例とその対処法

偽物だと分かったのに受取評価をしてしまった

上述の通り、受取評価をしてしまった以上、取引キャンセルを行うことは非常に困難だと思われる。
出品者側からしても、「何をいまさら、もう取引は終了している」と思われるし、メッセージ自体さえ見てくれないだろう。

とはいえ偽物を買わされたとなると、悔しいしどうしても返品してもらいたいという気持ちもあるだろう。

対応してもらえるかは正直微妙だが、メルカリ運営側に相談してみるというのも手である。

 

そもそも「受取評価」というのはいわば、企業で例えると「検品、検収」であり、一度検収を上げたものに対して返品することは非常識とも捉えられる。

悔しいし取り返したいという気持ちもあるだろうが、ここは高い授業料を払ったと考えて今後注意するしかないだろう。

出品者が返品に応じてくれない

出品者が返品に応じてくれない場合がある。

  • NCNR(ノークレーム ノーリターン)としているから返品しない
  • 商品をすり替えられる可能性があるから返品しない

まず、ークレーム ノーリターンは、メルカリの規約違反になる。
そのことは、メルカリの利用規約 第 11 条「支払及び取引の実行」の5項「キャンセル及び商品の瑕疵」にもしっかりと記載されているので、ノークレーム ノーリターンだからというのは通用しない。
その旨をしっかり出品者に伝えるべきだ。

第 11 条 支払及び取引の実行

5. キャンセル及び商品の瑕疵
本サービスの利用にあたり、出品者及び購入者間の合意がある場合を除き、商品の注文後のキャンセルはできないものとします。 商品に瑕疵がある場合、商品説明と実際の商品が明らかに異なる場合、梱包の不備により配送時に商品が破損したなどの場合は出品者が責任を負うものとし、出品者の責任及び費用により、返金、商品の返品、修理、交換等の対応を行うものとします。但し、第 12 条第 3 項に定める取引完了前の場合において、出品者及び購入者が弊社所定の方法により、弊社に対し、取引のキャンセル及び商品の返品が完了した旨を連絡した場合において、弊社がこれを認めた場合は、メルペイ社が同社所定の方法により返金に係る金銭を出品者から受領し、これを購入者に返還します。購入者は、メルペイ社に対し、出品者が購入者に対して支払う当該金銭の代理受領権限を付与するものとします。

メルカリ利用規約(一部抜粋)

例文

メルカリの利用規約 第11条には、「商品に瑕疵がある場合、商品説明と実際の商品が明らかに異なる場合、梱包の不備により配送時に商品が破損したなどの場合は出品者が責任を負うものとし、出品者の責任及び費用により、返金、商品の返品、修理、交換等の対応を行うものとします。」と記載されています。
この規約に基づき、商品の返品及び取引のキャンセルを要求します。

「すり替え防止のため返品できない」ということについても、同様である。
確かに、本物が偽物にすり替えられ返品されてしまうリスクはあるが、出品者側もそのリスクを飲んだ上でブランド品を出品すべきだと思う。

 

ただし、大事なことは「出品者に同意をしてもらう」ことである。
そのためにも、一方的に「返品する」と押し付けるのではなく、丁寧に対応することが大事である。

もしどうしても、応じてくれない場合は、メルカリ運営側にメッセージを送り、状況を説明した上で対応をしてもらおう。

返品時の送料を払ってくれない

メルカリの利用規約に基づくと、返品の発送費用は出品者が負担するものとされているのだが、出品者によっては発送費を払ってくれないケースがある。

もちろん利用規約を突き付けて、なんとしても支払ってもらうこともできるだろうが、私としては争うだけ時間の無駄と考える。

商品にもよるが、たかが数百円~千円程度の送料負担のために、話したくもない相手とやり取りをするなんて不愉快だ。

私と同じ考えをもっていただけるのであれば、お金で解決したほうが早いと思う。

どうしても、払ってもらいたい場合は、メルカリ運営側に相談してみよう。

 

偽物は絶対に買うな

メルカリやラクマのようなフリマアプリは、便利な反面そのトラブルが多いことも事実。

万が一、送られてきた商品が偽物だと判明した際には、落ち着いて返品の手続きをしよう。

そして、偽物は絶対に買うなということだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
クンヨシ

クンヨシ

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介する。 基本ユルユル時々マジメに生きている私の生き様(=クンヨシスタイル)を記していこう。

-サービス

Copyright© クンヨシスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.