クンヨシスタイル

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介するブログ。

デジライフ

2020/3/19

DS218JでNASデビューを果たす ~買ったものとセットアップ~

先日購入したNASシステム、Synology DiskStation DS218Jが届いた。 事前に購入していたNAS用ハードディスクも手元にあったので、さっそくセットアップを試みた。 目次 今回購入したものSynology DiskStation DS218JSEAGATE IronWolf 4TB(ST4000VN008)さっそくハードディスクを取り付けてセットアップついにNASデビューを果たす 今回購入したもの Synology DiskStation DS218J これがないと始まらない。 いまや ...

続きを読む

デジライフ

2020/3/19

Synology DS218Jを買ってすぐ、後継機DS220Jがリリースされた件

前から気になっていた個人用のNAS。 ようやく運用してみようと踏ん切り、Synology DS218Jを購入したら数日後、後継機のDS220Jが発表された…。 目次 価格.comランキング1位のDS218Jを購入後継機DS220Jが発表されていたことに気づく新モデルDS220Jと旧モデルDS218Jのスペック比較後継機DS220Jが発売されたけど、DS218Jでも十分かも 価格.comランキング1位のDS218Jを購入 ちなみに購入したのは台湾Synologyの個人向けエントリーモデルのDS218J。 リ ...

続きを読む

サービス

2020/3/14

【携帯業界の革命児】Rakuten UN-LIMITのおさえるべきポイント5つ

最近私の中で熱い「楽天サービス」より先日、楽天モバイルから発表された新サービス「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」。 ドコモ、au、ソフトバンクに続く第四のキャリアを打ち出す楽天が、ついに自社ネットワークでのサービスを2020年4月8日から開始することを発表したのだ。 それに先駆け、3月3日から先行申込の受付が開始され、なんと300万人を対象に1年間の基本料金無料キャンペーンが行われる。   そこで、Rakuten UN-LIMITの抑えるべきポイント5つを紹介しようと思う。 ...

続きを読む

ガジェット

2020/2/20

[2020年上半期]サムスンの新製品が発表!Galaxy Watchの新モデルは?

Samsungのスマートウォッチ、Galaxy Watchが発表された2018年から、1年近くが過ぎた。 スマートフォンに比べたらそこまで早い商品サイクルではないが、そろそろGalaxy Watchの新モデル発表が期待される声も聞かれる。 先日、米サンフランシスコにてプライベートイベント「Galaxy Unpacked 2020」が行われ、2020年上半期のSamsungの新製品発表があった。 目次 プライベートイベント「Galaxy Unpacked 2020」で発表された内容次世代スマートフォン「Ga ...

続きを読む

ガジェット

2020/2/16

【スマホを紛失しても追跡する方法】スマートウォッチ、アプリ、Tileで追跡

電車や公衆トイレ、居酒屋などでついついスマホを置きっぱなしにしてしまい、後から「あれっ!?スマホがない!?」と焦ってしまった経験はないだろうか? TIME&SPACE(KDDI)によると、3人に1人はスマホを紛失した経験があり、なくした場所については1位「交通機関(電車、タクシー、バスなど)」、2位「飲食店、宴会、お酒の席」、3位「路上」の順に高かったそうだ。 スマホ紛失時の対応法は? 検索方法や事前設定をiPhone・Android別に紹介(TIME&SPACE) もはや他人事とは言えな ...

続きを読む

パソコン

【Microsoft Office】Office 365かOffice 2019 買うならどっち?

私は日常的にMicrosoft Officeをよく使い、その中でも、Excelは圧倒的に使います。
家計簿の作成や旅行計画表、考えをまとめるときのマインドマップ用としても、Excelは非常に重宝しています。

いま使用中のSurfaceでは、30日間お試し期間中で使用しているのですが、そろそろ期限がきます。
そこで、現状購入できるOfficeのうち、Office 365とOffice 2019を比較してみましたので、メモとして残そうと思います。

Microsoftから購入できるOfficeは「毎年更新型」と「買切型」の2種類ある

2019年4月現在、Microsoftから公式で購入できるOfficeパッケージとしては、大きく分けて、「Microsoft Office 2019」と「Office 365」があります。

このふたつの主な違いとしては、ライセンスの購入形態が異なります。

  • Office 365は、毎年更新型
  • Office 2019は、買切型

Office 365は、1年ごとにライセンスを購入する形になり、Office 2019は、永続ライセンスを購入するということになります。
ちなみに、それぞれの家庭向けパッケージである、「Office 365 solo」と「Office Home & Business 2019」で価格だけを比べると、3年以上同じOfficeを使うなら、Office Home & Business 2019の方がお得ということになります。

価格以外でのOffice 365とOffice 2019の主な違い

価格以外で、それぞれの主な違いを簡単にまとめてみます。

Office 365では、オンラインストレージ「One Drive」1TBが使える

Office 365では、Microsoftが提供するオンラインストレージサービスのOne Drive 1TB分を使うことができます。

これは、Office 365サービスを使う大きなメリットのひとつですね。
巷でよく使われているオンラインストレージとしては、iCloud、Google Drive、Dropboxなどがありますが、1TBもの容量を毎月購入するとなると、大きな出費になります。

  • iCloud:5GB(無料)、50GB(¥130)、200GB(¥400)、2TB(¥1300)
  • Google Drive:15GB(無料)、100GB(¥250)、200GB(¥380)、2TB(¥1300)、10TB(¥13000)
  • Dropbox:2GB(無料)、1TB(¥1000)、2TB(¥2000)

Office 365 soloの場合、年間12,744円なので月額1,062円になります。
Officeが使えて、なおかつオンラインストレージ1TB分も使えるというのは、非常に魅力的です。

ちなみに、Office 2019では、オンラインストレージの特典はありません。

Office 365は、常に最新のOfficeが使える

Microsoft Officeは、不定期ながら、数年に一度メジャーアップデートがあり、新機能などが実装されています。
アップデートの内容次第では、普段使いであまり使わないような機能もあったりしますが、基本的にはその時代にあった機能強化(タッチパネル操作を強化する等)もあります。
Mustではないですが、Nice to have(あれば嬉しい) 機能強化が多いですね。

そして、Office 365では、常にそれらの最新のOfficeを使うことができます。
常に最新の機能を使いたい人には絶対おすすめですね。

一方、Office 2019は、ずっとOffice 2019のままです。
例え100年経ったとしても、使えるのはOffice 2019のままです。(もちろんサポートは終了しているでしょうがw)

Office 365は、同時に5台のデバイスにインストールすることができる

Officeのライセンスは、基本的に1デバイス当たり1ライセンスが必要とされています。
具体的に言うと、Windows1台、Mac1台、タブレット1台にそれぞれOfficeをインストールしようとすると、3つのライセンスが必要となり、それぞれにランセンス料を支払う必要があります。

その点、Office 365サービスであれば、最大5台のデバイスにインストールすることができます。

今の世の中、1人で複数台のデバイスを持っていることは珍しくないため、1ライセンスで全てのデバイスでOfficeが使えるのはコスト面でも非常に有難いです。

もちろん、Office 2019は、1台のPCのみになります。

敢えてOffice 2019を買うメリットは?

ここまで述べてきて、もはやOffice 365最強と言わざるを得ませんが、ここで敢えて、Office 2019を買うべき人について考えてみました。

  • 1台のデバイスでしかOfficeを使わない、かつ3年以上は必ず使う人
  • 「常に最新版のOffice」ということに抵抗がある人
  • 毎年課金という支払いプランが気に入らない人
  • Office 2019をこよなく愛し、今後どんなアップデートが来てもOffice 2019しか使わないつもりの人

2つ目については、言い換えると、「常に最新版のOfficeを使わざるを得ない」ということになります。
仮に、最新版のOfficeにアップデートしたものの、やはり以前のバージョンに戻したいと考えても、Office 365ではダウングレードはできないようです。
よって、ここはメリットでもありデメリットでもあるといえるでしょう。

とまぁ、無理やり考えてみた部分もありますが、上記のようなこだわりがなければ、Office 365の方がおすすめだといえるでしょう。

私は、Office 365を選びます

今回、私がOfficeを購入するにあたって、Office 365とOffice 2019の主な違いを比較してみました。

結果、私はOffice 365を使ってみようと思いました。

ちなみに、公式ページから購入するより、Amazonで購入したほうが僅かに安いみたいです。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
クンヨシ

クンヨシ

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介する。 基本ユルユル時々マジメに生きている私の生き様(=クンヨシスタイル)を記していこう。

-パソコン
-

Copyright© クンヨシスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.