家電

2020/8/6

Galaxy unpacked 2020 Summerを見た直後の素直な感想

2020年の夏、Samsungの新製品発表会「Galaxy Unpacked」のオンライン配信があったわけだが、見た直後の率直な感想を簡単に述べたいと思う。 目次 5つの新しいパワーデバイスが発表されたGalaxy Note 20/20 UltraGalaxy Tab S7/S7+Galaxy Buds LiveGalaxy Watch 3Galaxy Z Fold 2所感:「これ絶対欲しい!」という心躍るものではなかった 5つの新しいパワーデバイスが発表された 以前の記事で述べた通り、以下5つの製品の発 ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

2020/8/2

Surface Proのバッテリー消費を抑える電源設定。iPadからの移行組は必見。

家でフル充電させたSurface Proを持ち出したものの、外出先で開こうとしたら既にバッテリーが半分なんて経験をされたことはないだろうか?その原因のひとつとして、Surface Proのスタンバイ方法が初期設定のままであることが考えられる。 スリープ状態とか休止状態とか、言葉は聞いたことがあるもののどっちを使っていいか分からない方というにも読んで欲しい記事となっている。   目次 勝手にバッテリーが消費される原因は「スリープモード」Surface Proの電源ボタンを「休止状態」に設定するSu ...

続きを読む

家電

2020/8/2

【速報】Galaxy Watch 3のアップデート内容!海外では既にハンズオンレビュー有り

Galaxy Watch 3の発表が8月5日に迫る中、海外では既にGalaxy Watch 3のハンズオンレビューがYoutubeにあがっている。本日は、動画の中で明らかになったGalaxy Watch 3のアップデート内容についてお伝えしたい。 目次 海外のGalaxy Watch 3ハンズオンレビューたち動画で分かったGalaxy Watch 3のアップデート内容とその所感サイズは41mmと45mmの2種類ベゼルのスリム化で、コンパクトかつ大画面化回転ベゼルが復活メモリは強化されたバッテリーは容量は減 ...

続きを読む

家電

2020/8/6

Galaxy Watchで使えるLINE(ライン)の機能を全て解説

LINEの内容を手軽に確認したいという理由から、スマートウォッチを使いたいと思ってる方は少なくないはず。またLINE通知はできるもの、肝心な中身の文章やスタンプまでは確認できないというスマートウォッチは数多い。その中でGalaxy WatchはLINEの内容を確認することはもちろん、その場ですぐに返信することができる優秀なスマートウォッチだ。 本記事では、Galaxy Watchで使えるLINEの機能について、まとめていきたいと思う。 スマートウォッチでLINEを使いたいと思っている方や、Galaxy W ...

続きを読む

スマホ

2020/8/4

ついに新型Galaxy Watch3が発表か!?Unpacked 2020夏で5つのパワーデバイス

2020年8月5日午後11時(日本時間)より、Samsungの新製品発表会「Galaxy Unpacked 2020」がオンライン上で配信されることが発表された。 その発表の中でサムスン電子社長Dr.TM Roh氏が、「5つの新しいパワーデバイスを発表する」という言葉があり、注目が集まっている。 また、Samsungの新製品ラインナップと思われる画像には、私待望のスマートウォッチの新モデル「Galaxy Watch3」らしき姿も見られた。   ======= 【追記:2020年7月31日】新モデ ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

【Microsoft Office】Office 365かOffice 2019 買うならどっち?

私は日常的にMicrosoft Officeをよく使い、その中でも、Excelは圧倒的に使います。
家計簿の作成や旅行計画表、考えをまとめるときのマインドマップ用としても、Excelは非常に重宝しています。

いま使用中のSurfaceでは、30日間お試し期間中で使用しているのですが、そろそろ期限がきます。
そこで、現状購入できるOfficeのうち、Office 365とOffice 2019を比較してみましたので、メモとして残そうと思います。

Microsoftから購入できるOfficeは「毎年更新型」と「買切型」の2種類ある

2019年4月現在、Microsoftから公式で購入できるOfficeパッケージとしては、大きく分けて、「Microsoft Office 2019」と「Office 365」があります。

このふたつの主な違いとしては、ライセンスの購入形態が異なります。

  • Office 365は、毎年更新型
  • Office 2019は、買切型

Office 365は、1年ごとにライセンスを購入する形になり、Office 2019は、永続ライセンスを購入するということになります。
ちなみに、それぞれの家庭向けパッケージである、「Office 365 solo」と「Office Home & Business 2019」で価格だけを比べると、3年以上同じOfficeを使うなら、Office Home & Business 2019の方がお得ということになります。

価格以外でのOffice 365とOffice 2019の主な違い

価格以外で、それぞれの主な違いを簡単にまとめてみます。

Office 365では、オンラインストレージ「One Drive」1TBが使える

Office 365では、Microsoftが提供するオンラインストレージサービスのOne Drive 1TB分を使うことができます。

これは、Office 365サービスを使う大きなメリットのひとつですね。
巷でよく使われているオンラインストレージとしては、iCloud、Google Drive、Dropboxなどがありますが、1TBもの容量を毎月購入するとなると、大きな出費になります。

  • iCloud:5GB(無料)、50GB(¥130)、200GB(¥400)、2TB(¥1300)
  • Google Drive:15GB(無料)、100GB(¥250)、200GB(¥380)、2TB(¥1300)、10TB(¥13000)
  • Dropbox:2GB(無料)、1TB(¥1000)、2TB(¥2000)

Office 365 soloの場合、年間12,744円なので月額1,062円になります。
Officeが使えて、なおかつオンラインストレージ1TB分も使えるというのは、非常に魅力的です。

ちなみに、Office 2019では、オンラインストレージの特典はありません。

Office 365は、常に最新のOfficeが使える

Microsoft Officeは、不定期ながら、数年に一度メジャーアップデートがあり、新機能などが実装されています。
アップデートの内容次第では、普段使いであまり使わないような機能もあったりしますが、基本的にはその時代にあった機能強化(タッチパネル操作を強化する等)もあります。
Mustではないですが、Nice to have(あれば嬉しい) 機能強化が多いですね。

そして、Office 365では、常にそれらの最新のOfficeを使うことができます。
常に最新の機能を使いたい人には絶対おすすめですね。

一方、Office 2019は、ずっとOffice 2019のままです。
例え100年経ったとしても、使えるのはOffice 2019のままです。(もちろんサポートは終了しているでしょうがw)

Office 365は、同時に5台のデバイスにインストールすることができる

Officeのライセンスは、基本的に1デバイス当たり1ライセンスが必要とされています。
具体的に言うと、Windows1台、Mac1台、タブレット1台にそれぞれOfficeをインストールしようとすると、3つのライセンスが必要となり、それぞれにランセンス料を支払う必要があります。

その点、Office 365サービスであれば、最大5台のデバイスにインストールすることができます。

今の世の中、1人で複数台のデバイスを持っていることは珍しくないため、1ライセンスで全てのデバイスでOfficeが使えるのはコスト面でも非常に有難いです。

もちろん、Office 2019は、1台のPCのみになります。

敢えてOffice 2019を買うメリットは?

ここまで述べてきて、もはやOffice 365最強と言わざるを得ませんが、ここで敢えて、Office 2019を買うべき人について考えてみました。

  • 1台のデバイスでしかOfficeを使わない、かつ3年以上は必ず使う人
  • 「常に最新版のOffice」ということに抵抗がある人
  • 毎年課金という支払いプランが気に入らない人
  • Office 2019をこよなく愛し、今後どんなアップデートが来てもOffice 2019しか使わないつもりの人

2つ目については、言い換えると、「常に最新版のOfficeを使わざるを得ない」ということになります。
仮に、最新版のOfficeにアップデートしたものの、やはり以前のバージョンに戻したいと考えても、Office 365ではダウングレードはできないようです。
よって、ここはメリットでもありデメリットでもあるといえるでしょう。

とまぁ、無理やり考えてみた部分もありますが、上記のようなこだわりがなければ、Office 365の方がおすすめだといえるでしょう。

私は、Office 365を選びます

今回、私がOfficeを購入するにあたって、Office 365とOffice 2019の主な違いを比較してみました。

結果、私はOffice 365を使ってみようと思いました。

ちなみに、公式ページから購入するより、Amazonで購入したほうが僅かに安いみたいです。

 

 

-パソコン・周辺機器
-

© 2020 クンヨシスタイル Powered by AFFINGER5