スマホ・スマートウォッチ

Rakuten UN-LIMITのおさえるべきポイント5つ【携帯業界の革命児】

最近私の中で熱い「楽天サービス」より先日、楽天モバイルから発表された新サービス「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」。

ドコモ、au、ソフトバンクに続く第四のキャリアを打ち出す楽天が、ついに自社ネットワークでのサービスを2020年4月8日から開始することを発表したのだ。

それに先駆け、3月3日から先行申込の受付が開始され、なんと300万人を対象に1年間の基本料金無料キャンペーンが行われる。

 

そこで、Rakuten UN-LIMITの抑えるべきポイント5つを紹介しようと思う。

Rakuten UN-LIMITは、楽天モバイルが4月から開始する自社ネットワークを用いた新料金プランのこと

Rakuten UN-LIMITとは、楽天モバイルが2020年4月8日から開始する新しい料金プランのひとつだ。

従来の楽天モバイルは、いわゆる格安シムと呼ばれる他社ネットワークの一部を借りて通信を行うMVNOサービス

一方、新しい楽天UN-LIMITの回線は、ドコモ、au、ソフトバンクのように自社のネットワークで通信を行うものになる。

これによって、従来のメインキャリアの制限を受けることなく自社で独自のサービスを展開することができるようになるわけだ。

 

新料金プランは、データ通信と国内通話が無制限で月額2980円の1プランのみ

自社ネットワークにおける一番の恩恵ともいえるのが、サービスの料金体系

その名のごとく、データ通信と国内通話が無制限に使えるというプランのみの展開になり、基本料金は月額2980円という驚きの安さだ。

現状の多くのキャリアでは、「通信容量30GBまで」などの限定的であったり、それ以上使用すると速度が低下するといった制限がある。

 

Rakuten UN-LIMITでは、そのような通信容量の制限は一切ない

さらに国内通話までも無制限で使える。

それでもって、月額基本料金は2980円というのだ。

 

楽天が本気を出して、日本国内の携帯業界に風穴を開けようとしていることがうかがえる。

SIMロック、最低利用期間、契約解除料、全て無しで気軽にはじめられる!

スマホの契約ともなると少しハードルが高いと思われるが、Rakuten UN-LIMITは新規加入者にも優しく、気軽に始められるようになっている。

 

Rakuten UN-LIMITの新規加入者に優しい3つのポイント

  • SIMロックなし
  • 最低利用期間なし
  • 契約解除料なし

大手メインキャリアでは端末の回線縛り(SIMロック)があるが、Rakuten UN-LIMITの端末には基本的にSIMロックがかかっていない
端末を購入した後、やっぱり別の回線に変更したとしても同じ端末のまま使えるというのは大きなメリットだ。

また、スマホの契約ともなれば、2年縛りであったり、更新月以外の契約解除料が必要だったりするわけだが、Rakuten UN-LIMITはこれらすべてが不要だ。

 

つまり、長期的なことを考えずとも、「とりあえず契約してみる」という考えでも問題ないだろう。

ネックは通信エリアがかなり限定的であること

Rakuten UN-LIMITの唯一とも思われるデメリットが通信エリアのカバー範囲の狭さだ。

現状、自社ネットワークの通信エリアがかなり限定的であること、エリア外になると2GBまでの容量制限および速度制限がかかってしまうことが、ネックになるのも事実だ。

以下のサイトで、通信エリアのカバレッジを確認することができるので、必ず確認することをおすすめする。

見てわかる通り、首都圏や都心部以外はスカスカになっており、Rakuten UN-LIMITの無制限を活かすことができないのだ。

また、運よくサービスエリア内に住んでいても、少し遠出をしたりするとたちまちエリア外にでてしまうわけだ。

 

楽天モバイルでは、順次基地局を増設していき、将来的には人工衛星を使った100%エリアカバーを実現することを予定しているらしい。

とはいえ、すぐに利用したいという場合は、どうしても不十分なサービスエリアであることは事実だ。

 

よって、メインのスマホとは別に、Rakuten UN-LIMITはあくまでサブ回線用としての運用がベストのように思える。

メインでの乗り換えは、もう少し先に検討したほうがよいだろう。

申込者300万人を対象に1年間基本料金無料のキャンペーン

新しいサービスを開始することもあって、集客にもかなり力を入れている。

なんと申込者のうち300万人を対象に1年間の基本料金を無料にするキャンペーンが実施されている(2020年3月14日現在)。

  • 1年間の基本料金:2,980円 x 12か月 = 35,760円
  • 300万人分:35,760円 x 300万人 = 約1073億円

実際に発生するわけではないのだが、1000億円もの費用を投じてでもユーザー獲得を目指すあたりも、楽天の本気度を伺えるキャンペーンとなっている。

 

「先着」とは言われていないので焦って申込をする必要はないのだが、キャンペーン発表の3月3日はアクセスが集中しすぎて申込できなかった人が続出したらしい。

ちなみに今現在は、楽天市場に「先行申込」が商品として出品されており、通常通り購入することができるので心配はいらない。

 

早速私も申し込みをしてみた。1年間無料が外れたとしても、使ってみたいキャリアだと思う!

 

 

先行申込の受付開始、加えて最大6300円分相当のポイントプレゼントも!

発表してからかなり話題となっているRakuten UN-LIMITの正式なサービス開始は4月8日になるが、先行申込の受付が始まっている

発表当日はアクセスが殺到し、申込できなかったケースが多かったようだが、今では楽天市場から申し込みをすることができる。

 

また、300万人対象の1年間無料キャンペーンとは別に、以下のお得なキャンペーンも行われているので、チェックしてほしい。

  • 【Rakuten UN-LIMITオンラインお申し込みキャンペーン】オンライン契約で3,000ポイントプレゼント
  • 【Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン】事務手数料3,300円分ポイントプレゼント

 

 

 

-スマホ・スマートウォッチ
-,

© 2020 クンヨシスタイル Powered by AFFINGER5