お出かけレビュー

【ロハスフェスタ@万博】イベントを楽しむために知っておきたいこと

https://kunnyoshi.style

毎年2回、4月と11月の週末にかけて大阪万博公園で開催されるロハスフェスタ

「人や地球にやさしく」をテーマに開催されるこの大規模なイベントは、SNSでも人気で話題のお店の出店もあることから、関西各地より多くの方が参加する人気のイベントになっている。

本記事では、まだロハスフェスタに行ったことがない方向けに、ロハスフェスタの楽しみ方事前に知っておいた方が良い2つのことについてお伝えしようと思う。

事前に知っておくのと知らないのとで、当日安全に楽しめるか大きく変わってくるので、初めて行こうと思っている方には是非読んでいただきたい内容である。

 

ロハスフェスタとは

LIFESTYLES OF HELTH AND THE SUSTINABILITY
~健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル~

⾝体や⼼に優しいことは地球にも優しいこと。そんな想いから始まったロハスフェスタ。その輪は年々広がり、今では、万博・広島・淡路島・東京・福岡で開催しています。会場にはこだわりの⼿づくり雑貨や家具、健康的な⾷材から作られたフード&スイーツなどわくわくドキドキの出展がずらり。ご来場いただいくことで、少しでも「ロハス」のことや「環境」のことを⾝近に感じていただけるのではないでしょうか。未来に向けてできることを「ひとりの100より100⼈の⼀つひとつのパワー」で続けていくことが⼤切だと思っています。このイベントで、その”何かひとつ”をライフスタイルに取り⼊れるきっかけになれば嬉しいです。

出典:ロハスフェスタ

会場

会場:万博記念公園 東の広場(クリックすると、Google Mapで開きます)

 

入場料

ロハスフェスタは万博記念公園内の「東の広場」で行われる。

よって、万博記念公園の入場料ロハスフェスタの入場料がそれぞれ必要になる。

▼万博記念公園 入場料
大人200円
小中学生80円
▼ロハスフェスタ入場料
大人(中学生以上)500円

 

つまり、大人1人あたり700円ってことやね

団体料金や詳しい料金はこちらを参考に。

アクセス

【阪急線】南茨木駅、山田駅、蛍池駅
【地下鉄御堂筋線(北大阪急行線)】 千里中央駅
【地下鉄谷町線】 大日駅
【京阪本線】 門真市駅
それぞれから大阪モノレール「万博記念公園駅」「公園東口駅」が便利です。

【JR線】茨木駅
【阪急京都線】 茨木市駅
【地下鉄御堂筋線(北大阪急行線)】 千里中央駅
それぞれから路線バスが出ています。

【新幹線でお越しの場合】
新幹線「新大阪駅」下車。
地下鉄御堂筋線(北大阪急行線)で「新大阪駅」→「千里中央駅」へ。
大阪モノレールで「千里中央駅」→「万博記念公園駅」下車。

出典:ロハスフェスタ

 

開催日

ここ数年の間、ロハスフェスタ@大阪万博は、SPRINGが4月末とAUTUMNが11月初旬の年2回にかけて開催され、期間中は1st weekと2nd weekに分けられており、出店情報も異なってくる。

 

過去の開催時期

春 / 秋1st week2nd week
2020AUTUMN10/30、31、11/1、2、311/6、7、8
SPRING中止
2019AUTUMN11/1、2、3、4、511/15、16、17
SPRING4/26、27、28、294/29、30、5/1
2018AUTUMN11/2、3、411/9、10、11
SPRING4/20、21、224/27、28、29、30

 

お目当てのお店があるのであれば、事前に出店情報を確認しておくと良いかもね

 

ロハスフェスタの楽しみ方

有名で話題なお店などの出店がある

ロハスフェスタ期間中、フード、マーケット、ワークショップなど数百ものショップが出店している。

全部見回るには1日では足りないくらいのボリュームがあるので、満足できること間違いなし!

 

出店カテゴリ

  • アクセサリーアンティーク
  • インテリア(照明 ディスプレイ商品)
  • クラフト(革・木工)
  • フード(個包装)
  • フード(現場調理)
  • フード(移動販売車)
  • ファッション(大人服・子ども服・鞄・靴・アクセサリー)
  • フェアトレード
  • ワークショップ
  • 健康(物販)
  • 手作り雑貨(布・小物)
  • 植物
  • 輸入雑貨

 

 

 

ステージで音楽が楽しめる

ロハスフェスタ会場内の特設ステージでは、色んなジャンルのアーティストの演奏を楽しむことができる。

またアーティストだけでなく、有名な方のトークショーなどもあったりするので、意外な発見があるかもしれない。

 

 

 

ステージ正面にはベンチもあるので、お店で買った食べ物を食べながら音楽を聴くこともできる。まさにフェスとはこういうもの。

出演アーティストは日替わりなので、お目当てのアーティストがいる場合は、スケジュールをチェック。

ピクニック感覚で参加できる

会場の端側にはテント持込可能エリアがあるので、レジャーシートやシェードを設置してくつろぐこともできる。

好きな食べ物を買ってきて、レジャーシートの上でゆっくり食べるのも、ロハスフェスタの楽しみ方のひとつだ。

 

ロハスフェスタに行く前に知っておきたいこと

車で行くときは駐車場に注意

多くの家族連れもピクニック感覚で気軽に楽しめることからも、毎年ものすごい人で溢れかえる。

特にマイカーで行こうと思っている方、万博公園近隣の道路は大渋滞になることが想定されるので、事前に駐車場の位置を把握しておかないと当日大変な目にあってしまう

 

マイカーで行く場合、公園の駐車場もしくはエキスポシティの駐車場を利用することができる。

  • 東駐車場(998台)
  • 南駐車場(1,218台)
  • 中央駐車場(971台)
  • 西駐車場(691台)
  • 日本庭園前駐車場(612台)
  • EXPOCITY駐車場(4,070台)

 

万博記念公園に行ったことがある方ならわかるとは思うが、公園がとんでもなく広い
264ヘクタールという甲子園の約65倍の広さがある。

よって、駐車場の位置を間違えると、とんでもない距離を歩く羽目になってしまう。

 

各駐車場から東の広場までの距離目安

駐車場台数距離徒歩Googleマップ
東駐車場998台650m10分表示する
南駐車場1,218台1.7km23分表示する
忠央駐車場971台1.4km17分表示する
西駐車場691台2km25分表示する
日本庭園前駐車場612台500m6分表示する
EXPOCITY4,070台1.5km20分表示する

 

ロハスフェスタが行われるのは、東の広場

そして、東の広場にいくなら、日本庭園前駐車場、東駐車場か中央駐車場が近いことになる。

 

日本庭園前駐車場はもっとも近そうだが、午前10時くらいにはほぼ埋まってしまうくらい激戦区

東駐車場や中央駐車場も、12時くらいになるとほとんど空きはなくなったり道がかなり混雑することになる。

また、公園周りの道路(茨木摂津線)は、時計回りの一方通行が多いので、入り口を間違えると何周も通り過ぎることになる。

 

 

ららぽーとエキスポシティの駐車場には、

  • A平面 / 立体
  • B平面 / 立体
  • C平面 / 立体

とあり、大体どこに止めても同じくらい歩く必要がある。

 

エキスポシティの駐車場に止めた場合、Lalaportエキスポシティを抜けてニフレルの方向に歩き、歩道橋を渡ると万博記念公園の正面口に着く。

ららぽーとエキスポシティの駐車場は比較的空きがある方だが、万博公園まで距離があるので、荷物が多かったりするとしんどいかもしれない。

駐車場から万博記念公園の東の広場まで、迷わず歩いて、およそ20~30分くらいはかかるだろう。

 

公園駐車場に比べて駐車料金は割高にはなるが、ららぽーとエキスポシティでお買い物をすれば最大3時間無料になるので、詳しくはホームページを確認してほしい。

 

いずれにせよ、早めの到着と目標の駐車場をあらかじめ決めたほうが良い。

 

営業時間と駐車料金の違いに注意

利用時間

出典:駐車場情報(万博記念公園)

 

▼普通車の場合の駐車料金は以下の通り。(2020年11月現在)

 平日土・日・祝日
2時間まで410円620円
2時間~3時間620円930円
3時間~4時間830円1,240円
4時間~24時間1,100円1,600円

 

▼エキスポシティの駐車料金と営業時間は以下の通り。

基本料金:30分毎に200円

営業時間:8:00~25:00

 

エキスポシティの詳しい駐車場情報については、以下ページを参考にしてほしい。

 

 

ココに注意

駐車料金や営業時間については、2020年11月現在のものになる。年末年始や特別な日などは異なる可能性があるので、公式ページで確認して頂きたい。

 

メモ

また、万博記念公園のホームページから、駐車場のリアルタイムな空き状況を確認できるのでこちらもチェックしてほしい。

 

手ぶらはNG!?マイ食器を持っていこう

ロハスフェスタは、いわば自然と人にやさしいライフスタイルのフェス

基本的にゴミを出さないためにも、食器やカトラリーは自身が持参することが推奨とされている。

 

初めてロハスフェスタに行く方にとって、ちょっと戸惑うかもしれないので、事前にこのことを知っておいたほうが良いだろう。

 

ロハスフェスタに持って行った方がいいもの

準備しておくと便利なもの

  • 食器(タッパーや底が深い器など)
  • お箸、スプーン、フォーク
  • タンブラー、水筒
  • レジャーシート、シェード

 

ロハスフェスタでフードを注文する際に、食器持参かどうかを確認されるので、事前に準備しておくとスムーズに注文することができるだろう。

私はキャンプ用に購入したIKEAのプラスチック食器を一式もっていくことにしている。

麺類を注文したい場合は、底が深いボウルを持っていくと良いだろう。

 

また、会場内ではあちこちに洗面台が置かれており、そこで食器を洗うことで何度も使うことができる。

荷物を少なくしたい場合は、1セットだけ持って行っても大丈夫だ。

 

飲み物には、タンブラー当たりがあればちょうど良い。

コーヒーなど温かい飲み物であれば、断熱の保温機能有りのものがうれしい。

 

芝生の上でゆっくりご飯を食べたいという方は、レジャーシートを持っていこう。

日差しや風よけにもサンシェードを持ち込んでる人も多くいるので、ちょっとしたピクニック感覚を味わえる。
子どもを連れていくのであれば、ポップアップテントがあれば安心できるだろう。

 

 

 

他の参加者をみていて、意外とタッパーは有りだなと感心した。

 

食べきれなくても持って帰れるし、その場で洗わなくても汚れやにおいが漏れにくいのがGOOD!!

 

 

手ぶらでも大丈夫?

万が一手ぶらで来てしまった場合、食べ物を注文することができない・・・

 

なんてことはないので、安心して頂きたい。

 

もし、持参していない場合、プレートやコップ、割りばし、ストロー等はその場で購入することができる。

追加料金は必要だが、お店で直接プレートを購入することができる。

 

そして、お箸やスプーン、ストローについては、会場内の無人販売所で購入することができるので、安心して食べることができる。

ココに注意

2020年はコロナ感染防止のためか、販売所は無し。
できればご自身で用意したほうが良いだろう。

 

ロハスフェスタのレビューまとめ

イベントやお祭りごとが好きな私と妻にとって、ロハスフェスタは毎年参加する季節行事となっている。

  • おいしい食べ物を食べるのも良し
  • ハンドメイドアクセサリーや雑貨を見回るのも良し
  • ステージで音楽を楽しむのも良し
  • 子どもと一緒にピクニックを楽しむのも良し

色々な楽しみ方ができるイベントだということも、このロハスフェスタの魅力だと思う。

まだ参加したことがない方は是非一度、行ってみてはいかがだろうか?

 

-お出かけレビュー
-

© 2020 クンヨシスタイル Powered by AFFINGER5