クンヨシスタイル

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介するブログ。

デジライフ

2020/3/19

DS218JでNASデビューを果たす ~買ったものとセットアップ~

先日購入したNASシステム、Synology DiskStation DS218Jが届いた。 事前に購入していたNAS用ハードディスクも手元にあったので、さっそくセットアップを試みた。 目次 今回購入したものSynology DiskStation DS218JSEAGATE IronWolf 4TB(ST4000VN008)さっそくハードディスクを取り付けてセットアップついにNASデビューを果たす 今回購入したもの Synology DiskStation DS218J これがないと始まらない。 いまや ...

続きを読む

デジライフ

2020/3/19

Synology DS218Jを買ってすぐ、後継機DS220Jがリリースされた件

前から気になっていた個人用のNAS。 ようやく運用してみようと踏ん切り、Synology DS218Jを購入したら数日後、後継機のDS220Jが発表された…。 目次 価格.comランキング1位のDS218Jを購入後継機DS220Jが発表されていたことに気づく新モデルDS220Jと旧モデルDS218Jのスペック比較後継機DS220Jが発売されたけど、DS218Jでも十分かも 価格.comランキング1位のDS218Jを購入 ちなみに購入したのは台湾Synologyの個人向けエントリーモデルのDS218J。 リ ...

続きを読む

サービス

2020/3/14

【携帯業界の革命児】Rakuten UN-LIMITのおさえるべきポイント5つ

最近私の中で熱い「楽天サービス」より先日、楽天モバイルから発表された新サービス「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」。 ドコモ、au、ソフトバンクに続く第四のキャリアを打ち出す楽天が、ついに自社ネットワークでのサービスを2020年4月8日から開始することを発表したのだ。 それに先駆け、3月3日から先行申込の受付が開始され、なんと300万人を対象に1年間の基本料金無料キャンペーンが行われる。   そこで、Rakuten UN-LIMITの抑えるべきポイント5つを紹介しようと思う。 ...

続きを読む

ガジェット

2020/2/20

[2020年上半期]サムスンの新製品が発表!Galaxy Watchの新モデルは?

Samsungのスマートウォッチ、Galaxy Watchが発表された2018年から、1年近くが過ぎた。 スマートフォンに比べたらそこまで早い商品サイクルではないが、そろそろGalaxy Watchの新モデル発表が期待される声も聞かれる。 先日、米サンフランシスコにてプライベートイベント「Galaxy Unpacked 2020」が行われ、2020年上半期のSamsungの新製品発表があった。 目次 プライベートイベント「Galaxy Unpacked 2020」で発表された内容次世代スマートフォン「Ga ...

続きを読む

ガジェット

2020/2/16

【スマホを紛失しても追跡する方法】スマートウォッチ、アプリ、Tileで追跡

電車や公衆トイレ、居酒屋などでついついスマホを置きっぱなしにしてしまい、後から「あれっ!?スマホがない!?」と焦ってしまった経験はないだろうか? TIME&SPACE(KDDI)によると、3人に1人はスマホを紛失した経験があり、なくした場所については1位「交通機関(電車、タクシー、バスなど)」、2位「飲食店、宴会、お酒の席」、3位「路上」の順に高かったそうだ。 スマホ紛失時の対応法は? 検索方法や事前設定をiPhone・Android別に紹介(TIME&SPACE) もはや他人事とは言えな ...

続きを読む

ライフハック

【手数料地獄からの解放】住信SBIネット銀行のスマートプログラムは優秀

住信SBIネット銀行というネット銀行をご存じだろうか。
店舗こそみたことはないが、名前はどこかで聞いたことがある人も多いのではないだろうか。

住信SBIネット銀行とは

住信SBIネット銀行は、必要最小限の営業店舗しかもたずそのサービスの中心をインターネットや電話で行うネット銀行の一行で、一部の地方銀行より預金残高が多いほど利用者からも人気がある老舗の銀行。
証券部門であるSBI証券との連携が強く、そのサービスも幅広く展開されている。

この住信SBIネット銀行は、証券口座との連携が厚いため多くの個人投資家からの支持も多いが、投資に興味のない人にとっても非常に有利な銀行となっている。

その理由の一つが、スマートプログラムという優遇である。

 

簡単に言えば、SBI銀行を使えば使うほど、いろいろとお得なんやで!

 

本記事では、住信SBIネット銀行のスマートプログラムについて紹介したいと思う。

普段何気なく使っている銀行に対して、

  • 普段よくATMを利用しており、利用手数料を抑えたいという人
  • 住信SBIネット銀行は聞いたことがあるけど、何がお得になるのかよくわからない人

に対して、是非読んでほしい記事となっている。

 

住信SBIネット銀行のスマートプログラム

SBIで口座を開設すると、スマートプログラムと呼ばれる銀行の利用に応じて様々な優遇が受けられるようになる。

 

具体的に言うと、以下のふたつだ。

 

スマートプログラムの2つの特典

  • 特典1:ランクに応じて手数料が最大月15回無料
  • 特典2:対象商品の利用でポイント(スマプロポイント)が貯まる

 

一番のうま味は、なんといっても特典1の手数料が最大15回無料になるということだ。

ここでいう手数料とは、「ATM利用手数料」と「他行振込手数料」のことであり、普段の生活の中で我々が一番よく使っているサービスになっているだろう。

三菱UFJ銀行を例にあげると、コンビニでのATM利用手数料は110~220円、振込手数料は110~440円ほどかかってしまう。
これら手数料が最大15回も無料になるというのだから、今まで払ってきた手数料が惜しくも感じる。

正直、これらメリットのためだけに口座を開設しても良いとも思える、他社銀行にはないメリットである。

 

二つ目の特典である対象商品とは、例えば「給与受取口座に指定すれば、30ポイント/月獲得」「公共料金やクレジットカードの口座振替を行えば、5ポイント/月獲得」や「SBI発行のクレジットカードを5万円以上/月利用すれば、100ポイント/月獲得」などがあり、基本的にはSBIのサービス利用に応じてポイントを獲得することができる。

そして溜まったポイントは、現金に交換したり、JALマイレージに交換することができる。

意識することなく銀行を利用するだけでポイントがたまるというのだから、利用しない手はない。

 

スマートプログラムのランク

スマートプログラム(スマプロ)のランクは、住信SBIネット銀行の利用度合いに応じてランク1~ランク4に振り分けられ、それぞれのランクに応じて様々な優遇を受けることができるものだ。

スマプロランクは、月ごとのお客さまの商品・サービスのご利用状況により自動的に判定され、ランク1~ランク4までの4段階のいずれかが適用されます。当月に適用となるランクは、前々月の利用状況が判定基準となり、ランクに応じてATM・振込の手数料無料回数が決まります。適用ランクや無料回数はランク情報ページから確認できます。

スマプロランクについて(住信SBIネット銀行)

 

ランクと優遇

スマートプログラムのランクには1から4まであり、それぞれのランクに応じて優遇の度合いが変わってくる。

ATM利用手数料 無料回数(引出) 振込手数料 無料回数(他の金融機関宛て)
ランク4 月15回 月15回
ランク3 月7回 月7回
ランク2 月5回 月3回
ランク1 月2回 月1回

(引用元:スマプロランクについて(住信SBIネット銀行)

ランク4にもなると、ATM利用手数料と振込手数料は月15回も無料になるというのだから、これはすごい。
三菱UFJ銀行で同じように15回ずつの利用をすれば、3300円~最大9900円もの手数料が必要になってくる。

また、最低のランク1でさえ月2回のATM手数料無料と月1回の振込手数料無料になるのはうれしい。

一般的な生活の中で15回も利用する必要はないかもしれないが、ランク2~ランク3当たりは狙いたいところだ。

ランクの判定基準

ランクの判定基準は、SBI銀行の利用度合いに応じて以下のように定められている。

ランク2(いずれか1つでも該当) ランク3(いずれか1つでも該当) ランク4(いずれか1つでも該当)
①預金残高 総預金残高:月末30万円以上 総預金残高:月末300万円以上 外貨預金+仕組預金:月末合計500万円以上
②預金残高、住宅ローンの利用 - 住宅ローン:月末残高あり 外貨預金+仕組預金:月末合計300万円以上

かつ

住宅ローン:月末残高あり

③ロボアドバイザーの利用 ロボアドバイザー資産運用残高
月末10万円以上
ロボアドバイザー資産運用残高
月末100万円以上
-
④複数商品・サービスの利用 複数商品・サービスの利用枠のうち2つ利用 複数商品・サービスの利用枠のうち3つ利用 -
⑤その他 30歳未満 - -
④複数商品・サービスの利用
  1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  2. 仕組預金の月末残高あり
  3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  4. 純金積立月末時点でご契約あり
  5. 給与、賞与または年金の月内ご入金あり
  6. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり
  7. カードローンの月末残高あり(50万円以上2つにカウント)
  8. スポーツくじ購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上
  9. ミライノ デビットの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント)
  10. クレジットカード「ミライノ カード(JCB)一般」の引落口座を当社に設定かつ当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上2つにカウント)
  11. 当社口座からプリペイドカード「JAL Global WALLET」への円貨チャージの月内合計金額が1万円以上(3万円以上2つにカウント)

(引用元:スマプロランクについて(住信SBIネット銀行)

一見複雑そうだが、要はこの枠のうちどれかひとつでも条件を満たすことができればそのランクに決定されるということだ。
そして、これら条件をひとつも満たすことができない場合はランク1になる。

 

普段の生活においては、ランク2~ランク3もあればもう手数料に悩まされることはなくなるだろう。

少ない預貯金でランク2~ランク3を狙う

30歳未満だとたとえ預貯金が1円であろうと無条件でランク2と判定されるのだが、30歳を超えた途端この条件から外れてしまい、ランク1に下がってしまう。

そこで、少ない預貯金でランク2~ランク3を狙う方法としては、条件④の「複数商品・サービス」を利用することだ。

実際私も、預貯金10万程度しかなかったのだが、この方法を使ってから晴れてランク3として判定されることになった。

【SBI銀行】預金無しで低リスク:簡単にスマプロランクをアップさせる方法

スマートプログラムのポイント

スマートプログラム(スマプロ)のポイントは、住信SBIネット銀行の利用に応じてポイントが付与され、ポイントを集めることでJALマイレージや現金・景品などに交換したりすることができるものだ。

スマプロポイントは、500ポイント以上から1ポイント1円相当で現金に交換できる、住信SBIネット銀行が発行するポイントです。JALマイレージバンクにご登録のかたは、JALのマイルにも交換可能です。ポイント対象商品のご利用に応じて、またはキャンペーンの景品として貯まり、ポイント照会画面から保有ポイントが確認できます。

スマプロポイントについて(住信SBIネット銀行)

 

ポイント付与条件と獲得ポイント

ポイントの付与条件と獲得ポイントは以下の通りだ。

ポイント対象商品・サービス 条件 獲得ポイント
外貨預金・仕組預金 月末残高合計300万円以上 100pt/月
ミライノ カード(JCB) 月内引落金額合計5万円以上 100pt/月
給与受取 いずれか利用 30pt/月
年金受取
定額自動入金
口座振替(銀行引落) 1件以上引落しあり 5pt/月
外貨積立 月1万円以上積立 10pt/月
純金積立 月5,000円以上積立 10pt/月

(引用元:スマプロポイントについて(住信SBIネット銀行)

ポイントに関する注意は、住信SBIネット銀行のサイトを確認してもらいたいが、いくつか抜粋すると、

  • 「給与受取」「年金受取」「定額自動入金」はすべてを利用しても30ポイントしか付与されない。
  • 口座振替は複数件行っても5ポイントしか付与されない。

これら銀行としての利用以外にも、SBI発行のカード(ミライノカード、ミライノデビット)を利用したり、キャンペーンの特典を利用することでもポイントを獲得することができる。

例えば、「給与受取」と「口座振替」を毎月SBIで行うとして、1年間続けると420ポイント貯まる計算だ。
付与されるポイントは僅かではあるのだが、普段利用するだけで自然に溜まっていくポイントはうれしいものだ。

 

獲得ポイントと交換先

貯めたポイントは、最小500ポイントから100ポイント単位で利用することができる。

交換レート 交換時期
現金に交換する
1ポイント=1円相当
ポイント交換申請の翌々日
JALのマイルに交換する
100ポイント=40マイル相当
ポイント交換申請の翌月下旬頃

(引用元:スマプロポイントについて(住信SBIネット銀行)

 

正直大した魅力にはならないのだが、毎月行っているルーティンをSBI経由で行うことで、1年に1回おいしいコーヒー(420円)が飲めるわけだ。

 

作って置いて損はない優秀なネット銀行

日常生活の中の銀行を使う場面としては、「お金を預ける(預金)」と「お金を引き出す(引出)」、そして「お金を支払う(振込)」の3つ程度ではなかろうか。

数百円とはいえ、わずかな手数料も無駄にしたくないと考えるなら、迷わず銀行の見直しをすることをおすすめする

 

そして、住信SBIネット銀行であれば、条件にさえあえば最大15回も手数料が無料になるため、一考の余地はあるだろう。

いやむしろ、深く考えずにまずは作っておいて損はないネット銀行とさえ思う。

 

(※本記事は執筆時の情報を元にしており、最新の情報は住信SBIネット銀行の公式サイトを参考にして頂きたい)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
クンヨシ

クンヨシ

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介する。 基本ユルユル時々マジメに生きている私の生き様(=クンヨシスタイル)を記していこう。

-ライフハック
-,

Copyright© クンヨシスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.