パソコン・周辺機器

【BOLWEO 電源アダプターレビュー】Surface Pro用互換ACアダプター。純正品と比較。

Surface Proを自宅や外出先で本格的に使おうとすると、どうしてもスペアの電源アダプターが欲しくなる。しかし純正品となると10,000円近くもするため、スペアとして使うには少し高いと感じてしまう。
そこで検討したいと思うのが、互換品の電源ACアダプターだ。

本日はAmazonで販売されているの互換品の中でも、人気のある「BOLWEO」の電源アダプターを購入したので、純正品との比較レビューをお届けしたいと思う。

購入したもの

AmazonでSurface Pro 6用の互換ACアダプターは多数販売されているが、今回はレビュー数が一番多いBOLWEOのACアダプターを購入。
Amazonレビューではエセレビューが多いのも事実だが、ある程度の販売実績と信頼できそうなレビューがあったことから、こちらを選択した。

Surface Pro 3、4、5、6と対応しているので、将来旧端末から買い替えを考えている方でもSurface Pro 6までなら使えると思われる。

パッケージと内容物

いかにも中華製とも思える簡素なパッケージ。
パッケージ左上の二つのグッドマークが活かしているデザインだ。

パッケージから製品を取り出してみると、良い意味で裏切られる。
純正のACアダプターとほぼ同じ形状、サイズ感、そして質感も悪くなく、なかなか良いつくりだった。

ACアダプタ本体には丁寧にも透明のペリペリがついており、中華製品によくある「新品なのに開けたら傷だらけだった」ということもない。

 

純正のACアダプターと並べてみるとこの通り。サイズはほぼ同じだ。
純正アダプタの出力が44Wに対して、BOWELOは36Wと少し低いのが気になる。

 

厚みもほぼ同じ。
使いやすいと評判のUSB-Aコネクタも全く同じようについている。

ケーブルの太さや付け根の強度も、問題なさそうに思える。

 

コネクタの形状もほぼ同じ。上からも下からも充電ができるように、両者とも両面に端子がついている。
ここまでだと、ぱっと見ではどちらが純正品か分からないレベルまで精度が高い。

 

ケーブル自体でようやく両者に違いがでてくる。
メガネコネクタなのは同じだが、ケーブルの長さがBOLWEOの方が長いのと、コンセント側プラグの形状が少し異なっている。

 

総じて、両者に大きな違いはない。
いうなればケーブルの長さと形状が異なり、BOLWEOの方が出力電圧が少し低くなっている。

 

BOLWEO ACアダプタの使用感

早速Surface Pro 6に接続し、いざ充電開始。心配していた互換品エラーもなく正常に充電ができている。
コネクタ部のマグネット脱着、充電開始で光るLEDの仕組みも、純正と同じだ。

 

もちろん、コネクタの向きについても、下から上向きに接続しても、

 

上から下向きの接続も、両方向で正常に充電されている。

 

Amazonのレビューでは、基本的に高評価のものが多いが、一部「LEDランプがついているのに充電できない」という報告もある。
私の引き当てた個体については、特に問題なく充電されているのだが、個体差によってはハズレのものもあるかもしれないので、運悪くロシアンルーレットを引き当てないようにしたいものだ。

 

個体差に注意

バッテリーや電源回りにサードパーティ製の互換品を使うのは、相性の問題があったり最悪PC本体の故障の原因にもなりかねないので、できるだけ避けたいところ。でも、スペアとしてのサブ運用なだけに高価な純正品を買うのは少し躊躇してしまうというこのジレンマ。

使い勝手もそれほど変わらず、純正品の半額以下で購入できるこの互換ACアダプターは、スペアとしては十分な性能ではなかろうか。

ただ、残る懸念点としては、以下の2点。

  • 出力電圧
  • 耐久性

上述の通り、純正ACアダプタの出力が44Wに対して、BOLWEOのACアダプタが36Wと少し低くなっている。
Windows上で見る限り正常に充電はされているようなので、多少低くても問題はなさそうだが、もしかすると純正ACアダプタより充電速度が遅いことがあるかもしれない。

また耐久性については、しばらく使わないことには語れない。しばらく様子をみていきたいと思う。

 

 

-パソコン・周辺機器
-, ,

© 2020 クンヨシスタイル Powered by AFFINGER5