家電

2020/5/26

2020年現在Samsung Gear VRを買ってはいけない理由

SamsungのGalaxyスマホ専用のVRゴーグル「Gear VR」は、実売価格10000円前後という価格の割にハイスペックなVRゴーグルである。しかし、2020年5月の現在、この商品を買うのはあまりお勧めしない。 その理由を述べたいと思うので、「Gear VR」の購入を考えている方は一度検討してほしい。   目次 Gear VRは手頃な価格ながらハイスペックで魅力的なVRゴーグル2020年5月以降はGear VRを買ってはならない理由Gear VRアップデートが終了アプリはインストールできる ...

続きを読む

家電

2020/5/18

Google HomeからAmazon Echoに乗り換えたたったひとつの理由

スマートスピーカーは、ユーザーの音声操作によってAIアシスタントがインターネットを介して様々なお手伝いをしてくれる、いわば生活のコンサルジュ的な存在(といえば少し言い過ぎか)。 その中で最も人気が高い ...

続きを読む

オーディオ

2020/5/12

[スペック比較]Surface EarbudsとGalaxy Buds+を比べて分かったこと

MicrosoftのSurface Earbuds、SamsungのGalaxy Buds+の完全ワイヤレスイヤホン。 見た目は似ているし性能も近いこの2機種の比較をしてみると、ターゲットとしているユーザーが異なることに気づいた。 これら2機種を検討している方の参考になれば幸いである。 目次 Surface EarbudsGalaxy Buds+ (Plus)スペック比較買うならどっちのBuds? Surface Earbuds Surface Earbuds(サーフェス イヤーバッズ)は、2020年5月 ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

2020/5/12

Qi充電もできるおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」レビュー

高性能なレーザー式のマウスのおかげで、ガラスやビニールなど透明な机の上でもある程度は問題なく使えるようになってきた。 しかし細かい動きなどが必要な画像や動画編集、パワーポイントの微妙な配置移動をする際にマウスポインタが飛んでしまいイライラしてしまうことも少なくない。   そこで先日、レザー調のおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」を購入してみたわけだ。 ただのおしゃれマウスパットだけでなく、注目すべきは「Qiワイヤレス充電」機能が内蔵されていることだ。 パソコンで作業をするときにデス ...

続きを読む

ガーグッズ

2020/5/13

タブレットを本格カーナビ化するためのマストアイテム5選

タブレット端末が普及してきた昨今、iPadなどをカーナビの代わりとして使いたいというニーズも増えてきている。カーナビならではの良さは未だ健在であるものの、カーナビ本体が高価なことや地図データ更新の度に費用がかかるなどと、長期的にみてもあまりスマートとは言い難い。 タブレット端末を使うことでネット環境さえ整えば、無料で常に最新の地図情報を得ることができ、SpotifyやGoogle Music、YouTubeなどといった多くのメディアを手軽に楽しむことができる。 そこで本日は、実際に私が構築したiPad m ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

新型Surfaceペンをレビュー:Heiyoペンと比較してみた

https://kunnyoshi.style

Surface Proの購入に合わせて、AmazonからHeiyoペンを購入していた。
純正Surfaceペンの半額以下の値段にも関わらず、しっかりと使えるものだったので、これはこれで満足できるものだった。

そこに飽き足らず、純正ペンも購入してみることにした。購入したモデルは、2017年新型のSurfaceペン(EYU-00031/バーガンディ)だ。

まだ長時間の使用はしていないものの、比較をしている中で新しい発見があったので、本日は新型Surfaceペンと激安Heiyoペンの比較レビューをお届けしようと思う。

 

新型Surfaceペンと激安Heiyoペン

今回購入したのは、2017年発売の新型Surfaceペン(EYU-00031/バーガンディ)だ。

新型Surfaceペンの方は、Surface Proのために開発されたアクティブスタイラスペンであり、Surface Proとの相性は抜群、各種ソフトとも親和性の高い優秀なスタイラスペンである。

なお、Surfaceペンのモデルについては、過去の記事で詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてほしい。

【Surfaceペン】新型旧型の型番を総まとめ(世代別の機能一覧表)

対するは、激安Heiyoペン
Surfaceペンと比べて約半分の価格でありながら、4096筆圧感知、2ボタン採用、パームリジェクション有という必要分の機能は持ち合わせている。また、Microsoft認証取得で安心ということこともあり、Amazonでのレビュー評価が高いスタイラスペンである。

簡単なスペック比較も載せておくので、併せて参考にしてほしい。

  新型Surface Pen Heiyoペン
 
バッテリー 単6乾電池 充電式(Micro USB)
バッテリー時間 半年程度 連続500時間(180日間スタンバイ)
サイズ 約146mm x 9.5mm x 9.7mm 約155mm x 10mm x 10.5mm
重量 約20g 約11g
ボタン サイド1(右クリック) サイド2(右クリック、消しゴム)
トップ1(消しゴム兼ボタン)
クリップ 無し 有り
マグネット 有り 無し
傾き検知 有り 不明
筆圧検知 4096段階 有り(段階は不明)

 

比較前にさらっとSurfaceペンをセットアップ

まずは、Surfaceペンを使うためのセットアップを簡単におさらい。

ペンキャップを引っこ抜いて単六形乾電池を入れる

新型Surfaceペンのバッテリーは乾電池式。対するHeiyoペンやApple pencilは、それぞれMicroUSB端子やLightning端子から直接充電するタイプとなっている。

しかも普段あまりお目にかからない単六乾電池という小さい乾電池を使う。日常よく使う乾電池の単4乾電池よりも二段階も小さいもので、人生でおそらくSurfaceペン用くらいにしか使うことはないだろう。少なくとも、コンビニには置いていないものだろうから、忘れず事前に準備しておきたい。

 

 

Surfaceペンのトップ側のパーツを真っ直ぐ引っこ抜くことで、カバーを外すことができる。
あとはトップキャップ方向にプラス、ペン先方向にマイナスを合わせて単六乾電池をいれるだけ。

マニュアルを読まない私のような人にとって、このトップキャップを引っこ抜くことに気づくには随分時間がかかってしまった。
開かないからといって、下手にねじったり叩いたりしないように注意してもらいたい。

Surfaceとペアリング

Surfaceペンのトップボタンを長押しするとLEDランプが点滅する。あとはSurfaceのBluetoothをオンにし設定からデバイスを追加するだけだ。

Surfaceペンで適当に画面をタッチして、反応があればペアリングは成功。

Surfaceペンにはオン/オフの概念はなく、基本的につけっぱなし。使いたいときにすぐ使えて、使わないときはそのまま。この点はHeiyoペンやApple pencilと同じだ。

 

SurfaceペンとHeiyoペンを比較

セットアップも無事終了したので、いざSurfaceペンとHeiyoペンの比較をしていこう。

デザインはSurfaceペンに軍配

Surfaceペンの素材は金属のようなサラサラな手触りで、持ち心地はとても良い。例えるならば、PARKERやLAMYなどの高級ボールペンのような、程よい重量感もあり高級感を感じられる仕上がりだ。
ただ、この手の重量のペンになれていないと、長時間の筆記は疲れるかもしれない

Surfaceペンのマグネットはやはり便利で、Surface Proの左側面に固定することができる。
クリップこそはないが、ペンの形状は完全な円柱ではなく1面だけ平らな面(Surface Pro側にマグネットでひっつける部分)があり、机の上でもコロコロ転がっていくことはなさそうだ。

使わないときは、Surface本体の側面に固定だけで落とさなくなり、失くしてしまう心配も少ない。マグネットの強さもそれなりにあるので、すぐに落とすことはないだろうが、ペンをひっつけたままカバンに入れると外れてしまいそうな気はする。
外出先のカフェでSurface Proを開くとどうしても机が狭くなってしまいがちだが、Surfaceペンは画面にサッと固定できるので置き場の心配はしなくて良いのは高評価

一方Heiyoペンは、プラスチックな素材で一般のボールペンに近い持ち心地
いうなれば、フリクションボールペンなどのあたりに近い感じで、これはこれで、普通のボールペンに近い感触だ。

こちらにはクリップがあるので、転がり防止はもちろん、胸ポケットやバッグのペン差しに入れられるのというメリットがある。

 

見た目の高級感や重厚感、そしてマグネット内蔵によるSurface Proに固定できる点で、Surfaceペンの方が優秀。
ただ、長時間の筆記やボールペンのような握り心地、クリップが必要という場合は、Heiyoペンも悪くない。

持った感じはややSurfaceペンが優秀

また、ペンの重心は両者ともほぼ中心にある。
この手のスタイラスペンの中で、まれに重心が偏りすぎて文字が書きにくい製品もある中、SurfaceペンとHeiyoペンともバランスの違和感はあまり感じられなかった。

私は筆記用タッチ式デバイスとして、Surface以外にもiPad Pro&Apple pencilを使っているのだが、Surface Pro&Surfaceペンのほうがその感覚に近いと感じた。

対するHeiyoペンは、普通のボールペンを握っている感じで疲れにくいため、長時間の筆記には向いていると思われる。

握った感じは両者とも可もなく不可もなくという感じ。
ペンの長さはHeiyoペンのほうがSurfaceペンより約1cm長く、少し持ちづらいと感じなくもない。しかし重心はしっかりと中心部にあるので、そこまで大きな違和感は感じられなかった。

 

 

ポイント

  • 【デザイン】Surfaceペン > Heiyoペン
  • 【握り心地】Heiyoペン ≧ Surfaceペン

デザイン的にはSurfaceペン、長時間筆記はHeiyoペンの方が良さげ。

 

実際の書き味については意外な結果に!?

先に述べておくと、Surface Proにはペーパーライクフィルムを貼っている。フィルム無しもしくはガラスフィルムだと、ペン先との摩擦が少ないためペン先が滑りやすく文字が書きづらい。ペーパーライクフィルムとは、その名の通り「紙のような感触、書き味になるノングレアタイプのフィルム」であり、これを貼るのと貼らないのでは大きな違いがあるのだ。

ペーパーライクフィルムを貼ったSurface Pro上での、SurfaceペンとHeiyoペンの書き味について比べてみる。

 

ペン先の構造はSurfaceペンの方が良い

ペン先については、Heiyoペンの方が硬く少し滑る感じがして、いかにも「プラスチックで書いている感」がした。
対して、Surfaceペンの方はペン先が少し柔らかく、よりなめらかに書ける印象だった。

また、ペン先を画面に押し当てたときの感触は、大きく異なった。

Surface Proの画面にペンを押し当てた際、Heiyoペンではペン先が少し沈むようになっている。写真では分かりやすいように机に押し当てた様子を比べてみると、ペン先や約2mmほど沈んでいる

あまり気にならない程度かもしれないが、筆圧が強めな私にとって、書き心地に及ぼす影響は大きいと感じた。というのは、Heiyoペンだと握っている手とペン先がブレるので、特に小さな字を書くときに文字がずれてしまうことがあり、違和感を覚えた。
筆圧の弱い分には問題ないだろうが、筆圧が強い自覚がある方は少し気を付けたいところだ。

対するSurfaceペンは、特に沈む様子もなく、安定した書き心地であった。ペン先の一番先端部が少し柔らかい素材となっているので、それが適度なクッションの役割になっておりいい感じだった。

 

意外にもホバー位置との誤差はHeiyoの方が優秀

ホバー位置とは、「ペン先を画面に近づけると、接地点を予測して表示する機能」のこと。つまり、そのままペンを画面に当てると、その位置から手書き入力が始まるということだ。

意外なことに、このホバー位置の誤差については、Heiyoペンのほうが良い結果となったのだ。

検証方法としては、「画面上に描いた点に対してホバー位置を頼りにその点めがけてペン先を下ろす」というものだ。もしホバー位置が正確であれば、全く同じ位置に点が重なるというわけだ。

写真ではすこし伝わりづらいが、Heiyoペンはホバー位置とほんとど同じ位置に点を重ねることができた。対するSurfaceペンは、ペン先2つ分くらい右上にズレてしまっている。数回試してみたものの、結果は同じだった。

なぜこの位置が重要かというと、実際は画面を見ながら文字を書いているわけだが、書き始めたいと思う位置にペンを下ろしても、ズレた位置から文字が書かれてしまうからだ。

この位置がずれていると、特に細かい字を書くときは線が重なってしまったり、絵を描くときも正確な位置から筆を入れられなくなってしまう。いうなれば、車や電車に乗りながら文字を書いているみたいな感じ?(例え下手すぎ)

 

SurfaceペンやHeiyoペンのようなアクティブスタイラスペン(ペン自体から静電気を放出するタイプのペン)にとっては重要なファクターであるということだ。

このズレについては、ペンの個体差などもあるかもしれないし、私のペンの持ち方が悪いだけかもしれない。
しかし言えることは、ホバー位置が重要であることと、この精度があまりにも低いとスタイラスペンとしては失格であるということ。

慣れれば使えなくもないが、SurfaceペンはHeiyoペンと比べても高価であるだけに、この精度が低かったことについては少し残念に思える。

 

筆圧感知は両者とも問題なし

筆圧感知は、両ペンともにきちんと認識されているようだった。
ペン設定の筆圧検知をオンにすることで、強く書けば太く、弱く書けば細くと線の太さを変化してくれる。

個人的には、メモやノートとしての筆記用に使うのであれば、この筆圧検知機能はオフにして使用している。走り書きや殴り書きをするたびに、線の太さが変わってしまうと、後々読みにくい文字になってしまうからだ。

逆に絵を描いたりスケッチをする用途であれば、筆圧検知はマストな機能になるだろう。

筆圧検知の設定は、対応ソフトごとで設定できるはずなので、必要に応じて使い分けるとよいだろう。

 

OneNote上でのパームリジェクションは両者とも問題なし

パームリジェクションとは、「ペンを持ちながら画面を触っても、画面に触れた手には認識されず、ペン先にのみ手書きが認識される機能」のこと。

タブレット用のスタイラスペンとして使うにはこの機能は必須級であり、機能しなければただのゴミ。もはやこの機能のためにペンを買うといっても過言ではないレベル。

幸いSurfaceペンもHeiyoペンも、特に問題なく、パームリジェクション機能は有効であった。

 

消しゴムはSurfaceペンの方が使いやすい

OneNote上では、Surfaceペンはペンを逆さまに、Heiyoペンはサイドボタンの消しゴムを押すことで、文字を消すことができる。

消しゴムの機能自体は、両ペンとも問題なく使えるのだが、個人的にはSurfaceペンのほうが使い勝手が良かった
なんといっても、直感的に使えるのが便利であるからだ。シャーペンについている消しゴムやこすると消えるフリクションボールペンにも、消しゴムはやはりペンの頭が定位置なのだ。

Heiyoペンの「サイドボタンを押しながら」というのは少々使いづらい。とはいうものの、慣れればこっちも全然ありだと思う。

問題は、Apple Pencilだ。Apple pencilにはボタン類が一切ないので、毎回「消しゴム」を選択してから消す必要がある。これはスマートではない。

その点、書いて消して、書いて消してをペン1本でスムーズに行えるのは、両ペンともに評価すべきところだ。

 

他の記事もご参考に!

  本ブログでは、私が実際に使ってみたモノやサービスのレビュー記事から、便利な情報や日常生活のヒントなども紹介している。ほかの記事たちも是非参考にして頂きたい。
  ガジェットライフスタイルブログ
レビューまとめTIPSGalaxySurface

家電

2020/5/26

2020年現在Samsung Gear VRを買ってはいけない理由

SamsungのGalaxyスマホ専用のVRゴーグル「Gear VR」は、実売価格10000円前後という価格の割にハイスペックなVRゴーグルである。しかし、2020年5月の現在、この商品を買うのはあまりお勧めしない。 その理由を述べたいと思うので、「Gear VR」の購入を考えている方は一度検討してほしい。   目次 Gear VRは手頃な価格ながらハイスペックで魅力的なVRゴーグル2020年5月以降はGear VRを買ってはならない理由Gear VRアップデートが終了アプリはインストールできる ...

ReadMore

財テク

2020/5/20

【SPGアメックス】無料宿泊の招待メールが届かない!?アプリで確認する方法

大人気なSPGアメックスカードの魅力のひとつとして、1年間ごとの継続時に付与される無料宿泊特典がある。 カード年会費を支払う継続のタイミングで特典付与のメールが届くそうだが、2か月ほど待っても届く気配は無し。 段々不安になってきたので、直接SPGに問い合わせてみたところ、いつのまにか無事「無料宿泊特典」が獲得されていたことが分かった。 実は過去に一度、支払口座を変更したことによる支払い遅延をしてしまったことでブラックリスト入りしたのではないかと不安だったが、大丈夫そうだったので一安心。 本日はSPGアメッ ...

ReadMore

家電

2020/5/18

Google HomeからAmazon Echoに乗り換えたたったひとつの理由

スマートスピーカーは、ユーザーの音声操作によってAIアシスタントがインターネットを介して様々なお手伝いをしてくれる、いわば生活のコンサルジュ的な存在(といえば少し言い過ぎか)。 その中で最も人気が高いスマートスピーカーとして、「Google Home」と「Amazon Echo」が有名であろう。 両者を1年ほど使ってみた結果、今後我が家のコンサルジュとして「Alexa」を正式に迎え入れると同時に、残念ながら「Google Home」には引退してもらうことにした。 本日は私がGoogle HomeからAma ...

ReadMore

オーディオ

2020/5/12

[スペック比較]Surface EarbudsとGalaxy Buds+を比べて分かったこと

MicrosoftのSurface Earbuds、SamsungのGalaxy Buds+の完全ワイヤレスイヤホン。 見た目は似ているし性能も近いこの2機種の比較をしてみると、ターゲットとしているユーザーが異なることに気づいた。 これら2機種を検討している方の参考になれば幸いである。 目次 Surface EarbudsGalaxy Buds+ (Plus)スペック比較買うならどっちのBuds? Surface Earbuds Surface Earbuds(サーフェス イヤーバッズ)は、2020年5月 ...

ReadMore

パソコン・周辺機器

2020/5/12

Qi充電もできるおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」レビュー

高性能なレーザー式のマウスのおかげで、ガラスやビニールなど透明な机の上でもある程度は問題なく使えるようになってきた。 しかし細かい動きなどが必要な画像や動画編集、パワーポイントの微妙な配置移動をする際にマウスポインタが飛んでしまいイライラしてしまうことも少なくない。   そこで先日、レザー調のおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」を購入してみたわけだ。 ただのおしゃれマウスパットだけでなく、注目すべきは「Qiワイヤレス充電」機能が内蔵されていることだ。 パソコンで作業をするときにデス ...

ReadMore

 

まとめ:どっちを選ぶかはあなた次第

ここまで比較しておいて、実際どっちを長く使いたいのかというと、私は純正Surfaceペンを選ぶ

やはり、画面への書き心地や消しゴムの使い勝手に関しては、文句なしのデバイスだ。
ホバー位置のズレが気になるものの、「画面を拡大して、大きく文字を書いてから、縮小する」という方法で、細かい手書き文字を回避することができる。

だが、Surfaceペンの価格は1万円弱と、スタイラスペンとしても決して安いものではない。

 

そうした場合、コスパ重視としてのHeiyoペンという選択肢は十分にありだと感じる。

書き心地こそは劣るものの、最低限の消しゴムボタン、パームリジェクション機能は問題なく使うことができ、ホバー位置に関してはSurfaceペン以上のポテンシャルがある。
そして、その価格は、Surfaceペンの半額程度というのも魅力的だ。

 

Surface用のペン選びに、使うかわからないのに最初から高い純正ペンを買うのに気が引けるという方には、まずHeiyoペンを使ってみて、さらに性能を求めるのであればSurfaceペンに買い替えるというのも、良い選択だと思う。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
クンヨシ

クンヨシ

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介する。 基本ユルユル時々マジメに生きている私の生き様(=クンヨシスタイル)を記していこう。

-パソコン・周辺機器
-, ,

Copyright© クンヨシスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.