パソコン・周辺機器

2020/8/2

Surface Proのバッテリー消費を抑える電源設定。iPadからの移行組は必見。

家でフル充電させたSurface Proを持ち出したものの、外出先で開こうとしたら既にバッテリーが半分なんて経験をされたことはないだろうか?その原因のひとつとして、Surface Proのスタンバイ方法が初期設定のままであることが考えられる。 スリープ状態とか休止状態とか、言葉は聞いたことがあるもののどっちを使っていいか分からない方というにも読んで欲しい記事となっている。   目次 勝手にバッテリーが消費される原因は「スリープモード」Surface Proの電源ボタンを「休止状態」に設定するSu ...

続きを読む

家電

2020/8/2

【速報】Galaxy Watch 3のアップデート内容!海外では既にハンズオンレビュー有り

Galaxy Watch 3の発表が8月5日に迫る中、海外では既にGalaxy Watch 3のハンズオンレビューがYoutubeにあがっている。本日は、動画の中で明らかになったGalaxy Watch 3のアップデート内容についてお伝えしたい。 目次 海外のGalaxy Watch 3ハンズオンレビューたち動画で分かったGalaxy Watch 3のアップデート内容とその所感サイズは41mmと45mmの2種類ベゼルのスリム化で、コンパクトかつ大画面化回転ベゼルが復活メモリは強化されたバッテリーは容量は減 ...

続きを読む

家電

2020/8/4

Galaxy Watchで使えるLINE(ライン)の機能を全て解説

LINEの内容を手軽に確認したいという理由から、スマートウォッチを使いたいと思ってる方は少なくないはず。またLINE通知はできるもの、肝心な中身の文章やスタンプまでは確認できないというスマートウォッチは数多い。その中でGalaxy Watchは、LINEの内容を確認することはもちろん、その場ですぐに返信することができる優秀なスマートウォッチだ。 本記事では、Galaxy Watchで使えるLINEの機能について、まとめていきたいと思う。 スマートウォッチでLINEを使いたいと思っている方や、Galaxy ...

続きを読む

スマホ

2020/8/4

ついに新型Galaxy Watch3が発表か!?Unpacked 2020夏で5つのパワーデバイス

2020年8月5日午後11時(日本時間)より、Samsungの新製品発表会「Galaxy Unpacked 2020」がオンライン上で配信されることが発表された。 その発表の中でサムスン電子社長Dr.TM Roh氏が、「5つの新しいパワーデバイスを発表する」という言葉があり、注目が集まっている。 また、Samsungの新製品ラインナップと思われる画像には、私待望のスマートウォッチの新モデル「Galaxy Watch3」らしき姿も見られた。   ======= 【追記:2020年7月31日】新モデ ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

2020/7/11

Surface Proとあわせて揃えたい周辺機器(後半:便利アクセサリ)

Microsoftで人気な2-in-1ラップトップのSurface Pro。前半の記事では、Surface Proとあわせて揃えたい基本アクセサリについて紹介させて頂いた。 本記事では、Surface Proを最大限に活用するためにカスタマイズできるアイテムや、より「痒い所に手が届く」ような便利アクセサリを紹介したいと思う。 前半:基本アクセサリ編   目次 予備充電器Microsoft純正 電源アダプターBOLWEO Surface Pro用充電器BOLWEO USB-C 充電ケーブルモバイル ...

続きを読む

ファッション、小物

【TNF】ノースフェイスのジップインジップ対応インナーはこれだ!!(随時更新)

大人気The North Faceの一部アウターには、アウターとインナーをファスナーで一体化できる「ジップインジップ」という機能がある。

本記事では、The North Faceのジップインジップシステムを紹介するとともに、それに対応しているインナーをまとめた記事となっている。

これからThe North Faceのアウターを検討している人実際持っているけどインナー選びに悩んでいる人にとって少しは参考になる内容になっているはずなので、最後まで読んでいただけると幸いである。

 

The North FaceのZIP IN ZIP SYSTEM(ジップインジップシステム)とは

The North Faceのマウンテンジャケットには、「Zip in Zip(ジップインジップ)」という機能がある。

これは、アウターの内側にもうひとつファスナーがついており、内側に対応のインナーをジップ同士で合わせることで一着のように着重ねることができるというシステムだ。

ZIP IN ZIP SYSTEM

アウターウエアとミドルレイヤーをファスナーで一体化させる「ZIP IN ZIP SYSTEM」。環境、目的に合わせて自由にアウターとインナーをカスタマイズできる。もたつきを防ぐとともに、ウエアの特性を最大限に引き出し、パフォーマンスを支えフィールドでの幅がより広がります。低温下での行動が想定される日などにレイヤリングの手間を軽減し、スピーディにします。袖や襟元のディテールの作り込みなど、最先端のテクノロジーと高い製法技術を注ぎこんでいます。機能性が高く、それでいて快適な着心地のウェア。さまざまなバリエーションでご用意しています。

ZIP IN ZIP SYSTEM The North Face(GOLDWIN)

まさに2 in 1とも呼べるこのジップインジップのメリットとしては、なんといっても温度調整の幅が広がるということだ。

少し涼しくなってきた秋にはアウター単体で、冬の寒い季節になったら暖かいインナーを合わせて着ることで、ほぼオールシーズンのアウターとして着れるようになるのだ。

自分のお気に入りのアウターが季節問わず長く着ることができるというのが、このジップインジップの魅力である。

 

ちなみに、ジップインジップ対応のアウターとしては、以下3つが有名だろう。

  • 登山やウィンタースポーツもこなせるハイスペックな「マウンテンジャケット」
  • マウンテンジャケットをよりカジュアルに「マウンテンライトジャケット」
  • タウンユースに最適な「スクープジャケット」

どれも非常に人気のアウターで、誰しもが一度は見たことであろうThe North Face定番のジャケットだ。

ちなみに、私は普段着は「マウンテンライトジャケット」、アウトドア用はアークテリクスの「アルファSV」を愛用している。

 

ジップインジップのインナーの種類

そもそもマウンテンジャケット単体には、アウターとして外部からの風や雨はしっかり防げるものの、保温性については無いに等しいだろう。

そこで、保温性のあるインナーを組み合わせることで、秋から冬、そして春先まで着ることができる万能アウターにカスタマイズすることができるのだ。

純正の対応インナーは、「ダウン」か「フリース」

ジップインジップのインナーとして、「ダウン」「フリース」のふたつの選択肢がある。

それぞれに特徴があるので、気候や気温に応じて使い分けるのがベストだといえるだろう。

ダウン フリース
軽さ 軽い 重い
シルエット もっこり スリム
暖かさ 熱が籠ればかなり暖かい 肌ざわりが良く暖かい
収納 空気を抜けばかなり小さくたためる あまり小さくならない
丈夫さ 水に弱く、毛が抜ける 比較的丈夫
値段 比較的高め 比較的安め

The North Face純正の対応ダウンとしては「アコンカグアジャケット」、対応フリースとしては、「バーサミットジャケット」「デナリジャケット」が有名どころだろう。

予算が許すなら、ダウンとフリースをそれぞれ一着ずつ準備するのも全然ありだと思う。

  • 春~秋の暖かい時期は、マウンテンジャケット単体で、ウィンドブレイカー、レインジャケットとして着用
  • 晩秋や春先の肌寒い時期は、フリースと組み合わせて、風を通さない暖かいアウターとして着用
  • 冬の超寒い時期は、ダウンと組み合わせて、機能的で雨にも強い最強のアウターとして着用

非純正のインナーを組み合わせるのもアリ

その他にも、公式で「ZIP IN ZIP SYSTEM」対応と表記されていなくとも、ジッパーの形状が同じであれば、組み合わせられるインナーもあるようだ。

ジップインジップシステムにはYKK社の「VISLON 5VSH」というプラスチック製のジッパーが使われており、ジッパーの形状が同じであれば理論上組み合わせることが可能だ。

そして世の中には、ユニクロのファーリーフリースやしまむらのダウンジャケットなどが同じジッパーであることを利用して、組み合わせている猛者も多くいらっしゃる。

ジップインジップできた報告があったインナーたち

  • ユニクロの「ファーリーフリース」
  • ワークマンの中綿ブルゾン「エアロストレッチ」
  • ファッションセンターしまむらの「プレミアムダウン」

興味がある方は、Youtuberのたっかーさんが非常に詳しく紹介されているので、是非参考にして頂きたい。

 

ノースフェイス x ユニクロ

 

ノースフェイス x ワークマン

 

ノースフェイス x しまむら

 

せっかくなら、純正のジップインジップ対応のインナーが着たい!

純正でなくとも、ジッパーの形状が同じであれば理論上組み合わせることが可能だ。

しかし、ジッパー部分のみでの合わせになるので、アウターを脱ぐときにインナーまで一緒に脱げてしまう鬱陶しさや、微妙に合わないサイズ感になり、満足した着心地を得られない可能性もある。

対する純正のジップインジップ対応のインナーであると、ジッパー以外に袖先や首元にインナーを固定するループがあったり、ジッパーの長さが合わないといった不安も解消されるだろう。

ジップインジップ対応のインナーを調べてみた

The North Faceのインナーはほぼ毎年新モデルが発表されていることもあり、その種類はかなり多い。
そして、いったいどのインナーがジップインジップ対応なのか分からないものも多いだろう。

そこで、2020年2月現在、楽天市場で出品されているジップインジップ対応のインナーを新旧、古着新品問わず片っ端から調べてみたので、それをまとめてみようと思う。

調べ方

調べた方法としては、至ってシンプル。

楽天市場で「アコンカグア」「バーサミット」「デナリジャケット」と検索して、ヒットした商品を片っ端から開いて商品説明および写真から判断するという原始的なものだ。

最初に断らせて頂くが、私はThe North Faceの者でもなく、The North Faceの専門家でもない。
あくまでも、いちファンとしてThe North Faceの服が好きなだけの素人である。

よって、調査結果はあくまでも「参考程度」に留めていただけると幸いである。

 

調査基準

  • 商品説明に「ZIP IN ZIP対応」と記載されているかどうか
  • 型番から商品を再度検索して、公式的に「ZIP IN ZIP対応」と公開されているかどうか
  • 「ジッパーの形状」や「袖先と首元にあるZIP IN ZIP用のループ」があるかどうか

 

ジップインジップ対応のアコンカグアジャケットはこれだ!

(現在準備中)

ジップインジップ対応のバーサミットジャケットはこれだ!

(現在準備中)

ジップインジップ対応のデナリジャケットはこれだ!

(現在準備中)

 

型番を確認して、ジップインジップ対応のインナーを探そう

The North Faceのジップインジップシステムは、一着のアウターにダウンやフリースのインナーを組み合わせてカスタマイズすることができるシステムである。

組み合わせ次第では、春用の軽いアウターとして、また厳冬期も越すことができる最強防寒着にもなりうるポテンシャルがあるのだ。

The North Faceの人気アウターを入手したなら、是非一緒に対応のインナーも揃えて、着回しを楽しみたいものだ。

 

 

-ファッション、小物
-

© 2020 クンヨシスタイル Powered by AFFINGER5