デジタルライフ

U-NEXTを解約してAmazon プライムビデオだけにしたい3つの理由

しばらく利用しているVODサービスのU-NEXT(ユーネクスト)の解約を考えている。

きっかけは、Amazonプライムビデオを本格的に運用し始めたことだ。
Amazonのプライム会員は、もともとショッピング目的のために加入したわけで、プライムビデオについてはほぼ使ってこなかったが、こちらでも必要十分だと感じ始めた。

現在、VODサービスに登録しようとしている方、U-NEXTの解約を考えている方の参考になれば幸いだ。

U-NEXT/ユーネクストをSurfaceとiPad Proで視聴比較してみました

 

 

U-NEXTを解約しようと思う3つの理由

見放題コンテンツに観たい映画が少なかった

U-NEXTで視聴できるコンテンツには、「見放題」と「有料」の2種類がある。

  • 見放題コンテンツ:月額基本料のみで無制限に視聴可能
  • 有料コンテンツ:追加料金を課金することで視聴可能。ただし購入から数日の視聴制限有り。

それぞれ名前の通り、「見放題」は月額料金のみで無制限に視聴できるコンテンツであり、「有料」は別途視聴するのに費用がかかるコンテンツになる。
有料コンテンツの価格は1本およそ200~450円程度で、購入から2~3日の視聴制限がある。

そして、見放題タイトルに観たい映画が少ないという印象だった。

比較的ミーハーであるクンヨシのよく観る映画のジャンルとしては、テレビでCMをやっているような有名な映画ばかりだ。
もともとは、「新作映画でも映画館に行ってまで観るほどのものではない」という映画を家で気軽に観たいという理由でU-NEXTに登録した経緯がある。
また、映画館の放映期間を逃してしまったけど早く見たいという場合、VODサービスは非常に便利だと感じている。

しかし、U-NEXTの見放題の映画の中には、まず有名なタイトルが見放題タイトルに出てこないし、むしろそのほとんどが有料タイトル扱いになっている。

U-NEXTでは、有料タイトルに使えるポイントが毎月1200ポイント付与されるので、この範囲内で有料コンテンツを視聴すれば実質無料で観られるのだが、それであればわざわざ月額基本料を払ってまで観る必要はないように思える。

確かに各レビューサイトが比較している通り、総コンテンツ数で言えば業界1位の作品数を誇っており、実際使ってみてもかなりの数があることは分かった。

本当に映画が好きで、新旧ジャンル問わずでありとあらゆる映画を見まくりたいというヘビー層なら非常にお勧めできるVODサービスであることは間違いないだろう。

クンヨシのように、「映画はそこそこ好きだけど、そこそこ有名なタイトルだけある程度観れたらいい」というライト層にはオーバースペックだと感じた。

ちなみに、Amazonプライムビデオでも同様に、見放題作品と有料作品があり、有名な映画でも大体のタイトルは有料で購入可能(400円程度で視聴期間の制限は有)となっている。

つまり既にAmazonプライムの会員であれば、プライムビデオで十分だということだ。

U-NEXTならではの特徴・特典に魅力を感じなくなった

U-NEXT以外にも、数多くのVODサービスが存在する。

その中でも、U-NEXTならではの特徴・特典は

  1. 圧倒的なタイトル数(業界1位。総コンテンツ量は2位のNetflixの2倍とも)
  2. 毎月1200ポイントが貰えて、有料コンテンツ視聴にあてられる
  3. 雑誌コンテンツが読み放題
  4. 4つアカウントが登録でき、同時視聴が可能
  5. アダルトコンテンツがある

コンテンツ量と付与ポイントについては上述の通り。

雑誌コンテンツについては、一度も利用したことがない。
今回初めてアプリ上から雑誌を開いてみたのだが、色々面白そうな雑誌はあるものの、「書店で並んでいる全ての雑誌」という訳にはいかず、結局は使わなさそう。

4つアカウントが登録できることについては、重宝していた。
家族用にアカウントを追加していたのだが、最近はあまり使っていない様子。
時間帯によっては、ラグが酷過ぎて観れたものじゃなかったみたい。

アダルトコンテンツについては、言わずもがな。

これらの特徴・特典について、そこまでの魅力を感じなくなった。
逆に言えば、これらの特徴・特典に魅力を感じるのであれば、U-NEXT以外に選択肢はないだろう。

やっぱり月額1,990円は高い

やっぱり月額1,990円(税抜)は高い。
年間にすると23,880円にもなる。

毎月付与される1200ポイントを差し引いたとしても実質月額900円。
仮に毎月400円の有料コンテンツを必ず3タイトル見るとしても、プライムビデオで同様な視聴をしたほうが安くなる。
クンヨシのように、両方に加入している場合は、かなり高額になっていることが分かる。

  • U-NEXTで毎月400円の有料コンテンツを3つ視聴
    年間 23,880円(¥1,990 x 12か月)
  • プライムビデオで毎月400円の有料コンテンツを3つ視聴
    年間 19,300円(¥400 x 3タイトル x 12か月 + ¥4,900)
  • プライム会員で且つU-NEXTで毎月400円の有料コンテンツを3つ視聴
    年間 28,780円(¥1,990 x 12か月 + ¥4,900)

おまけに、U-NEXTのポイント有効期限180日間を過ぎるとポイントが消滅するため、数か月観たい映画がないと確実に損をする。
ポイントがあるから使ってしまいたいという強迫概念さえ覚えてしまうときがある。

対するプライムビデオは、コンテンツ毎の課金システムのため、観たら観た分だけの費用がかさむが、逆にあまり映画を見ないのであれば、余計な月額料金を払わなくてよくなる。

U-NEXTをおすすめできない人

  • 「映画はそこそこ好きだけど、そこそこ有名なタイトルだけある程度観れたらいい」というライト層
  • 雑誌は読まない人
  • 同時に複数アカウントで視聴することを想定していない人
  • アダルトコンテンツを観ない人
  • 月額1,990円の基本料金が高いと感じる人

つまり、クンヨシのようなユーザーにはU-NEXTは向いていない。

U-NEXTをおすすめできる人

  • 「新旧ジャンル問わずで、ありとあらゆる映画を見まくりたい」というヘビー層
  • 普段から雑誌を読む人
  • 同時に複数アカウントで視聴することを想定している人
  • アダルトコンテンツを観る人
  • 映画見放題で月額1,990円の基本料金が高くないと感じる人

 

加入前には必ず「31日間無料トライアル」から

せっかく高い月額料を払ったのに、結局見放題コンテンツに観たい映画がなく、がっくりすることがないように、まずは 「31日間無料トライアル」から試してみることを強くお勧めする。

総コンテンツ量は業界トップとはいえ、意外と観たい映画が少ないこともある。
よってまずは、「31日間無料トライアル」 で自分が観たい映画がどれだけあるかを確認してから、課金更新を決めるほうが良いだろう。

https://kunnyoshi.style/surfacepro6-unext/

-デジタルライフ

© 2020 クンヨシスタイル Powered by AFFINGER5