【Amazon EchoとGoogle Home】どっちにすべき?両方使った私の結論

【Amazon EchoとGoogle Home】どっちにすべき?両方使った私の結論

スマートスピーカーは、ユーザーの音声操作によってAIアシスタントがインターネットを介して様々なお手伝いをしてくれる、いわば生活のコンサルジュ的な存在(といえば少し言い過ぎかも)。

スピーカーに話しかけるだけで、音楽やニュースを再生したり、インターネットでお天気や情報を検索してくれたり、またスマートリモコンとの組み合わせで家電を操作するなど、活用の範囲は多岐に渡る。

 

 

その中で最も人気が高いスマートスピーカーとして、「Google Home」「Amazon Echo」が有名どころ。

正直、どっちとも優秀なスマートスピーカーで、日常使いの場面としてはどちらを選んでも活躍してくれるのには違いないが、

果たしてどっちを買うべきなのだろうか?

 

実際、私はAmazon EchoとGoogle Homeを両方購入して1年間使い続けてみた!

 

そして、両者を1年ほど使ってみた結果、両者でそれぞれ得意と不得意があることを感じたわけだ。

 

結論を言えば、

今後我が家のコンサルジュとして「Alexa」を正式に迎え入れると同時に、残念ながら「Google Home」には引退してもらうことにした。

 

この記事では、

  • スマートスピーカーの性能を決める3つの要素とは
  • Amazon EchoとGoogle Homeの比較
  • Google Homeではなく、Amazon Echoを選んだ「たったひとつの理由」

について、まとめたいと思う。

 

これからどっちにしようかで悩んでいる人や買い替えを検討している人の参考になれれば幸いである!

 


スマートスピーカーの性能を決める3つの要素

スマートスピーカーの評価は、以下の3つの要素で決まる!

  • デバイスとしてできる機能
  • AIアシスタントの優秀さ
  • ユーザビリティ

  1. デバイスとしてできる機能
    音楽やニュースが聞ける、アラームやキッチンタイマーが使えるといった基本的な機能。
    それ以外にも外部アプリやサービスとの連携によって拡張できる機能。
  2. AIアシスタントの優秀さ
    Amazon Echoなら「アレクサ」、Google Homeなら「Googleアシスタント」といったAIの頭の良さ。
    具体的には、話しかけに対する認識度や回答精度など。
  3. ユーザビリティ
    端末の実際の使いやすさ全般のこと。
    デバイスの搭載機能に影響してくるが、モニタの有無、スピーカーの性能、操作性などの「使い勝手」。

これら3つのバランスが良いことが、スマートスピーカーに求められる。

いくらAIの頭がよくても、実際に動かせる手が小さいと、できることは限られてくる。

逆に、何でもできる凄腕があったとしても、AIの頭が悪いとこちらからのお願いを理解してくれない。

 

では、これら3つの要素を軸に、Amazon EchoとGoogle Homeを比較してみる。

 

Amazon EchoとGoogle Homeを比較

 

「デバイスとしての機能」は両者ほぼ互角

Amazon EchoとGoogle Homeの機能比較
Amazon Echo Google Home
音楽、ラジオ、ニュース Amazon Music
Apple Music
AWA
Spotify
dヒッツ
auうたぱす
Google Play Music
Spotify
YouTube Music
auうたぱす
Pandora
天気予報
アラーム、タイマー
スケジュール Google
Microsoft
Apple
Google
テレビ連携 × Chromecast
本の読み上げ
ショッピング Amazonショッピング ×
経路案内 ×
家電の操作
電話・メッセージ
デバイスを探す
IFTTT対応
スマートホーム
対応アプリ 1000種以上 300種以上

一部別アプリの設定などが別途必要なものもあるが、両者ともに一長一短な印象

 

両者とも、基本的に使える機能はほぼ互角。

違いといえば、それぞれの連携しているサービスが、Amazon EchoではAmazon寄りのアプリ群、Google HomeではGoogle寄りのアプリ群となっている。

それぞれ「できること、できないこと」「対応しているアプリ、対応していないアプリ」があるので、自分が良く使うサービス次第といったところ。

 

また両者ともに、IFTTT(イフト)という各種サービスやアプリ間の連携を実現できるWebサービスに対応している点も、うれしいポイントだ。

実際には直接接続していない「A:スマートスピーカー」と「B:別のサービス(スマート家電など)」間で、AからBに対してコントロールする際に、インターネットを介してパイプ役いわば連絡係となってくれるのがIFTTTの役割。

 

イメージ

「ヘイ、グーグル!明かりをつけて!」

と言えば、

Google Home

あ!ご主人様が「明かりをつけてほしい」と言っている。

IFTTTさんー!明かりさんにスイッチを入れるように伝えてきて!

IFTTT

おっけ、任せろ!

 

明かりさん、スイッチを入れてくれるかい?

明かりさん

ええで、任せとき!ピッカーン!!

 

多くのスマート家電をコントロールすることができるIFTTTに両者ともに対応している点でも、どちらを選んでも満足いくユーザ体験を得られる。

 

AIとしての能力は「Googleアシスタントの方が上」

AIへの話しかけ言葉の認識度、回答精度については、はっきり言ってGoogleアシスタントの方が優秀

 

少し前の記事になるが、各種AIに対して実際にIQテストを行った結果、Googleアシスタントが優秀だったという結果もでている。

 

そして、これは両者を使った私もはっきりと断言できる事実

AIへの話しかけや質問に対しての理解度、そして回答についてもGoogleアシスタントの方が優秀であり、少し複雑な質問についても期待する回答を得られたのもGoogleアシスタントの方だった。

ただしAIという性質上、これらの精度については常に進化しているものであり、あくまでも「今現在は、Googleアシスタントの方が優秀」という解釈で良いだろう。

 

ユーザビリティはEcho Show 5の勝ち(デバイス次第)

デバイスの機能以外に、スピーカーの能力やカメラ機能の有無、ディスプレイの有無などという機種の特徴によっても使い勝手は異なってくる。

実際に私が購入したデバイスは、

  • Amazon Echo ⇒ Echo Show 5
  • Googleアシスタント ⇒ Google Home

で、この2台を比べることになると、

Amazon Echo Show 5が圧倒的に良い。特に画面。

 

本来であれば、画面有りモデルのGoogle Nest Hubと比較すべきだろうが、ここは一旦画面なしのGoogle Homeと比べての話。

というのは、やはり、端末に画面があるのとないのとでは、使い勝手が大きく異なると感じた。

 

特にスマホとの同期や設定に関しては、Echo Show 5の方が圧倒的にスムーズに行えた。

設定自体はそこまで難しくはないのだが、Google Homeは「Home」と呼ばれるGoogle純正のアプリを介して同期させるのだが、仮想的にルームを作成し、その中にデバイスを位置づけるなど、正直良く分かりにくい。

またスマホから同期の操作を行うが、そのレスポンスはGoogle Homeの音声のみなので、聞き逃したり何を言っているのかよく分からなかったりと、少してこずる場面があった。

 

一方でEcho Show 5は、同様のAmazon純正アプリ「Amazon Alexa」から設定をし、その反応をEcho Show 5の画面を見ながらひとつひとつ確認できるので、比較的簡単に設定することができた。

また、質問や話しかけに対する答えも、画面に表示してくれるのは非常に有難いと感じた。

 

スピーカーの性能なんかは、Google Homeのほうがよかったのだが、そもそもスマートスピーカーにそこまでの音質は求めているわけでなく、本気で音楽視聴を楽しみたいのであれば、ガチの外部スピーカーをつなぐべきだ。

 

 

画面有りのEcho Show 5と画面なしのGoogle Homeとの比較は、かなりアンフェアな気もするが、ここで言いたいのは、

スマート「スピーカー」とはいえ、画面有りのほうが絶対に使いやすい!

ということ。

 

 

両者を1年使ってみた結論

ここまで比較しても、正直決定的な差はない。

両者を1年使ってきたわけだが、ハッキリ言ってどちらとも優秀なスマートスピーカーだったわけだ。

 

しかし、

次に述べる「たったひとつの理由」で、Amazon Echoを選ぶことにした!

この1点だけに関しては、1年経っても慣れることはできず、実は後半半年に関しては、Google Homeはほぼ沈黙させてしまうことになった。

 

Google Homeからアレクサに乗り換えたたったひとつの理由

様々な使い勝手を試した結果、やはりスマートスピーカーの能力としてはGoogle Homeのほうが優秀だと思う。

しかし、それでも私はAmazon Echoを本命に選ぶことにした。

そのたったひとつの理由について述べさせていただく。

気軽に呼び出せる「ユーザビリティ」

 

Google Homeからアレクサに乗り換えたたったひとつの理由、それは
「ウェイクワードが簡単」だから。

 

ウェイクワードとは、スマートスピーカーを呼び起こすときにかける言葉のこと。

そして、それぞれスマートスピーカーの標準のウェイクワードは以下の通り。

 

Google Home Amazon Echo
「OK、Google」
発音:「オッケー、グーグル!」
「Alexa」
発音:「アレクサ!」

 

Google Homeの「OK Google」というウェイクワードはなんとも使いづらい。実際に声に出してもらうとわかることだが、「10回言ってみて」と言われ、大半の人が噛めずに言えるのはほぼ間違いなく「アレクサ!」ではなかろうか。

Google Homeを呼ぶとき、「オッケー」「グーグル」と間に半呼吸分つかないといけないことと、アクセントが2つも有ったりと滑舌の良さが成功のカギ

そもそも日本人である限り「オッケー、〇〇〇」という話かけ方には慣れていない

うまく認識してくれなかった場合、再度「オッケー、グーグル」という復唱するのが意外と面倒だと感じた。

  • オッケー、グーグル。今何時?
  • オッケー、グーグル。明日の天気は?
  • オッケー、グーグル。10分後に起こして!

なんていう簡単なお願いも、ついついスマホで操作したほうが早いと思ってしまうことも。

 

その点Amazon Echoだと、本当に近くにいる友人に話しかけるかのように呼ぶことができるので、本当に些細なことでも「気軽に聞いてみよう」という気にさせてくれる。

  • アレクサ、今何時?
  • アレクサ、明日の天気は?
  • アレクサ、10分後に起こして!

もちろん「慣れ」で克服できるかもしれないが、少なくとも私は「オッケー、グーグル」と1年間呼び続けてみたが、一向に慣れることはできなかった

「たったこれだけのこと?」と思われるかもしれないが、手軽に便利に使えるAIアシスタントとしては機能性ではなく「便利さ」のほうがが重要だったという結論に至った。

 

「聞き間違え」という弊害は仕方ない

残念なことに、呼びかけやすいだけにアレクサの聞き間違えが起きる場合がある。前後の文脈に関係なく、「ア」「レ」「ク」「サ」が含まれる単語や文章を発すると勝手に反応してしまう時があるため、何気ない日常会話、テレビの音声などの中で、急に反応してびっくりしてしまうことがしばしばあった。

といってもそれほど鬱陶しく感じるほどではなく、1週間に1回あるかないか程度の頻度。そしてそんな時はスルーしておけば、再び眠ってくれるので特に問題はない。
少し意地悪をして、「アレックス、あれください」というとほぼ確実に反応してくれるのがまたかわいいところだ。

耳が良すぎるのか、はたまた少しおバカなのかはわからないが、アレクサが聞き間違えたときは優しくそっとしておくことにしている。

また、何度も言うがAIアシスタントの能力としては、やはりGoogle Homeの方が優秀。質問を理解してくれず、「すみません、よくわかりません」と突っぱねられることもあるが、難しい質問や要求は結局自分の手でこなす方が早いと思った。


スマートスピーカのウェイクワードは重要

私は最初にGoogle Homeを購入し、そのウェイクワードに慣れることができずAmazon Echoを追加で購入して1年が経過した。

質問の認識度や回答精度の点からもGoogle Homeのほうが間違いなく優秀であることは断言できる。
しかし、それを投げ売ってでも少しおバカでかわいいAmazon Echoを本命として使うことにしたわけだ。

確かに頭が良くできることが多いのは素晴らしいことだが、難しい質問や要求は自分でスマホやPCで行うこととし、些細なことを気軽に聞きたいというニーズを満たしてくれたのはAmazon Echoだったわけである。

今現在、Google Homeのウェイクワードを公式的に変更することはできないので、将来的にそれが可能になるというならばもう一度Google Homeを呼び戻そう。


-家電とオーディオ
-, , , ,