WELCOME
クンヨシ
gadget-otaku
普段はローテク町工場に勤務するハイテク大好きパパ。購入したスマホやパソコン、カメラなどのレビューやガジェットをより便利に使う活用術を模索するブログです。

\ タップしてコンテンツを開く! /

地球上最大の品ぞろえ!答えは? ⇒⇒⇒チェックする!!

【おすすめ】Galaxy Watch 5と一緒に買いたいアクセサリーを紹介|もっと便利に!おしゃれに!

  • URLをコピーしました!

Galaxy Watchシリーズは、Apple Watchに次いでサードパーティ製のアクセサリが多いことが魅力のひとつ。

素の状態でもかっこいいんですが、もっと便利におしゃれに使いたくなるわけです。

ベイビー

せっかく新しく買ったんだから、アクセサリも揃えたい!

この記事では、Galaxy Watch 5 / 5 Pro対応のアクセサリを紹介します。

Galaxy Watch 5用のアクセサリをお探しの人は是非参考にしてみてください!

Galaxy Watch 5 Pro本体のレビューはこちら!

以前のGalaxy Watchのアクセサリー紹介はこちら!

目次

画面保護ガラス

Galaxy Watch 5シリーズのディスプレイには、前作Galaxy Watch 4シリーズのGorilla Glassからサファイアクリスタルに変更されており、非常に耐久性に優れ、傷がつきにくくなっています。

とはいえ、全く傷がつかないというわけではなく、狭い場所を移動したり、ふとした拍子で腕をぶつけてしまう危険性は、腕時計というデバイスなら可能性は高いわけです。

最近の保護ガラスは品質も高く、タッチ操作感もそこまで大きく影響しないものが多いので、とりあえずの保険のつもりで貼ることをおススメします。

SpigenのEZ Fitは、簡単に位置合わせができるキットがついていて、このお値段で2枚も入っているのがお得ですね。

消耗品と考えて、傷ついたらすぐ交換!という使い方なら安価で数が多いものを選ぶとコスパもいいです。

ケース/カバー

MIL規格準拠で耐衝撃性も高いGalaxy Watchなんですが、やっぱり傷つけたくはないです。

毎日ガシガシ使ってもきれいなボディを保つためには、保護ケースを検討するのもアリです。

デザインによっては、スマートウォッチのイメージもガラッと変わるアイテムもあるので、好みのデザインを選ぶのも楽しみのひとつ!

Galaxy Watchシリーズの丸いデザインを損ないたくないのであれば、この辺りのシンプルなデザインのカバーがあります。

Galaxy Watch 5をよりアクティブに使いたい人には、バンド一体型のゴツゴツしたデザインのケースもあります。

かなり印象が変わるので、好みは分かれますが、刺さる人には刺さるデザイン!

SUPCASE UB PROケースを購入しました!レビューはこちら!

ベゼルリング

時計で一番傷つけやすいのがベゼル部分。そのベゼル部分のみを保護できるのがベゼルリング。

保護目的も兼ねながら、Galaxy Watchのドレスアップとしても使えるので、デザインに飽きてきたらベゼルリングで簡単にイメチェンできます。

Ringkeのベゼルリングは、金属素材で質感も高く、デザインの種類も豊富。

時計に装着しても違和感ないので、イメチェンにもぴったりなアクセサリです。

バンド

何本あっても問題ない、その時の気分や服装によって簡単につけ換えれるのがバンド。

平日はスーツに合わせたステンレスバンド、休日はちょっとカジュアルに革製バンド、はたまたスポーツやアウトドアに行くときはシリコンバンドなど、各シーンに応じた好みのやつを集めたくなります。

Galaxy Watchシリーズで使われるバンド幅は22mmと20mmがあり、Galaxy Watch 4以降は全て20mmのバンド幅になっていますが、それ以前のものには22mm用もあります。

クイックリリースの取付幅さえ合えば、”対応”となっていないものでも基本的には取り付けられると思います。

歴代Galaxy Watchのバンド幅も合わせて以下にまとめたんで、チェックしてみてください!

スクロールできます
バンド幅22mm20mm
Galaxy Watch 5シリーズGalaxy Watch5 Pro(45mm)
Galaxy Watch5(44mm)
Galaxy Watch5(40mm)
Galaxy Watch 4シリーズGalaxy Watch4(40mm)
Galaxy Watch4(44mm)
Galaxy Watch4 Classic(42mm)
Galaxy Watch4 Classic(46mm) 
Galaxy Watch 3シリーズGalaxy Watch3(45mm)Galaxy Watch3(41mm)
Galaxy WatchシリーズGalaxy Watch(46mm)Galaxy Watch(42mm)
Galaxy Watch Active2シリーズGalaxy Watch Active2 (40mm)
Galaxy Watch Active2 (44mm)
Galaxy Watch ActiveシリーズGalaxy Watch Active(40mm)
Gear S3シリーズGear S3 frontier
Gear S3 classic
Galaxy Watchシリーズのバンド幅一覧表

Galaxy Watch対応と謳われているものをいくつかピックアップしてみます。

Galaxy Watch自体のデザインは比較的シンプルなので、汎用バンドと合わせても違和感なく組み合わせられます。

クイックリリース対応でないものでも、バネ棒を使えば装着できるかと。

Galaxy Watch専用のバンドは取り付け部がカーブになっているものがありますが、汎用バンドだと時計本体との間にどうしても隙間ができてしまいます。

この隙間を埋めるための専用アダプターなんかもあるので、汎用バンドと合わせてチェックしてみてください!

充電器

最後に紹介するのは充電回り。

Galaxy Watchはワイヤレス充電式なんですが、汎用のQI規格充電には対応しておらず、充電する方法は以下の2種類しかありません。

  1. Galaxy Watch専用充電器
  2. Galaxyスマホの「ワイヤレスバッテリー共有」

既にGalaxyスマホを使っているのであればいいんですが、それ以外にも充電する方法を確保しておきたいものです。

ただ、この手の汎用充電器は当たり外れが結構あるみたいで、しっかり充電できない口コミも良く見られます。

Galaxy Watch 5に付属してくる純正充電器は単体で販売していないみたいなので、スマホも合わせて2台同時に充電できる純正充電器くらいしか保証できる充電器は無さそうです。

値段は少し高めですが、Galaxy Watch 5の15W急速充電にも対応しているので、2台同時に充電したい人はちょうどいいです!

純正の充電器で充電する際に、このようなスタンドがあると固定もしやすく便利です。

まとめ:Galaxy Watch 5のアクセサリー紹介まとめ

以上、Galaxy Watch 5のアクセサリーをいくつか紹介してきました。

Galaxy Watch シリーズと一緒に買いたいアクセサリー
  • 画面保護ガラス
  • ケース/カバー
  • ベゼルリング
  • バンド
  • 充電器
ベイビー

これだけみると、腕時計とは思えないほど多いアクセサリーの数…

Galaxy Watch 5は、Apple Watchに次いでアクセサリーの種類が豊富なのが魅力のひとつです。

そのまま使うのも良し!色々アクセサリーを試して、自分好みに仕上げるのも良し!

是非、色々探してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次