【グラボ比較】どのメーカー?どのモデルを選ぶべき?性能分類一覧とランキング付けまとめ

  • URLをコピーしました!

パソコンパーツの中でも、ひときわ目立っていて、華やかなパーツと言えば間違いなくグラフィックカード、通称グラボ。
自作パソコンを組むときに、グラフィックカード選びに悩む人も少なくないでしょう。

性能だけで選ぶならば話は早い!

  • RTX3060よりもRTX3070・3080・3090の方が性能がいい
  • RX6700よりもRX6800・RX6900の方が性能がいい。

目で見て分かるスペックの差が明らかなので、高性能なGPUほど性能がいい。

そんなことは分かってるんですが、じゃあ、

同じGPUでも各メーカーごとのグラボで、一体どう違うのか?

気になるところです!

というのも、各グラボメーカーから発売されているグラボの数が多くて、どれを選んだらいいのか悩んでしまいます…。

グラボメーカーのモデル例
  • ASUS・・・ROG Strix、TUF Gaming、DUAL、TURBO
  • MSI・・・SUPRIM、GAMING、VENTUS
  • GIGABYTE・・・Aorus、GAMING、EAGLE

ということで!今回はグラボメーカーのグレードごとの違いについて色々調べた結果をまとめてみます。

調べた内容は大きく、次のふたつ。

この記事の内容
メーカー x グレード別のグラボ性能分類(ハイエンド・スタンダード・コンパクト)

各グラボメーカーのグラボモデル一覧を性能・価格・大きさでそれぞれ分類して比較!

メーカー x グレード別のグラボランキング(A+ランク~Dランク)

「どのメーカーのどのモデルを選べば間違いないのか?」について、勝手にグラボをランク付け!

同じGPUであれば、性能はほぼ同じなわけですが、よくよく調べると違いがあることに気づきました。
グラボ選びで悩んでる人は是非参考にしてみてください!

ほな、ぼちぼちいこか。
ということや!

目次

グラボのオリジナルモデルとは

オリジナルモデルとリファレンスモデル

グラフィックカードは、NvidiaやAMDなどのGPU(グラフィックチップ)製造会社が販売しているモデルと、それらGPUをASUSやMSIなどのPCパーツメーカーが独自に自社の基板や冷却ファンを取り付けて販売しているモデルと、大きく2種類に分かれます。

前者の方をリファレンスモデル、後者の方をオリジナルモデルやオリファン(オリジナルファン)モデルと呼んだりします。

リファレンスモデル

NvidiaやAMDが販売するモデル

オリジナルモデル

それ以外のPCパーツメーカーが販売するモデル

オリジナルモデルを選ぶメリット

リファレンスモデルに対して、オリジナルモデルの違いとしては以下のポイントがあります。

オリファンモデルのグラボのメリット
チューニングされてクロック周波数が高い(性能が高い)

フレームレートを求められるFPS系のゲームに有利

巨大な冷却ファンやヒートシンクでよく冷える

冷却ファンの回転数を落とせるので静かなPCに向いている

メーカー独自のLEDドレスアップで見た目が豪華

透明ケースにあったおしゃれなパーツを使いたい

同じGPUであれば、基本的な性能に大きな差はないわけですが、この付加価値こそが、オリファンモデルを選ぶ最大のメリット!

ただし、”コンパクトでシンプルなリファレンスモデルが好き!”というユーザーも少なからずいると思います。
あいにく昨今の我が国では、一般で買えるグラボの多くはオリジナルモデルばかりになってますね。

高価なグラボを選ぶべき?

グラボメーカーでも、ハイエンドグレードと位置付けているものがあります。

ハイエンドの指標はメーカーそれぞれで異なってはきますが、共通して言えることはこの辺り!

ハイエンドグラボの特徴
  • ブーストクロックが高い(OC耐性が高い)
  • 冷却性能が高い
  • 高性能な部品を使っている

そして、ハイエンドなモデルはそのメーカーのスタンダードモデルに比べて定価が高い…

オーバークロックを多用しない一般ユーザーにとっては値段が安いスタンダードモデルで十分

と言いたいところですが、それでも少しでも上位のグレードを選ぶ方が結果グラボの寿命が長くなる傾向があります。
予算に余裕があるのであれば、ハイエンドモデルを検討するのは有りです。

持論:結局は見た目で選んでいい!

でも結局は見た目で選んじゃっていいと思います!笑

性能は正直微々たる差ですが、グラボのデザインは各メーカーで大きく異なります。
デザインは本当に好みが分かれますし、好きなデザインを選べるのもオリファンモデルのメリットじゃないでしょうか!

予算が許す限りハイエンドのもので、デザインが好みのグラボを選ぶべし

というのが私の結論です。

メーカー x グレード別のグラボ性能分類

まずは、メーカーごとにモデル/グレード別でグラボを紹介。
クロック周波数・サイズ・価格などから、ざっくりとハイエンド」「スタンダード」「コンパクトの3つに分けてみました。

  • ハイエンド ⇒とにかく性能が欲しい!
  • スタンダード ⇒コスパ重視で欲しい!
  • コンパクト・ロープロファイル ⇒小さいPCケースで使いたい!

といった感じで、それぞれのモデルの位置づけが分かれば、自分が必要なグラボを判断しやすくなります。

また、ここに載っていないモデルもあったり、GPUによっては存在しないモデルもあったりしますので、全部ではないです。

メーカー GPU カスタムシリーズ 性能分類
台湾 Asus Nvidia
AMD
Strix ハイエンド
TUF Gaming ハイエンド
DUAL スタンダード
TURBO コンパクト
PHOENIX コンパクト
KO コンパクト
MSI Nvidia
AMD
Suprim ハイエンド
Gaming ハイエンド
VENTUS スタンダード
MECH スタンダード
ARMOR スタンダード
AERO コンパクト
GIGABYTE Nvidia
AMD
AORUS ハイエンド
Gaming ハイエンド
VISION スタンダード
Eagle スタンダード
ASROCK AMD Formula ハイエンド
Taichi ハイエンド
Phantom Gaming ハイエンド
Challenger スタンダード
PowerColor AMD Red Devil ハイエンド
Red Dragon スタンダード
Sapphire AMD Nitro+ ハイエンド
Pulse スタンダード
Palit Nvidia GameRock ハイエンド
Jetstream スタンダード
GAMINGPRO スタンダード
GainWard Nvidia Phantom ハイエンド
Phoenix ハイエンド
Ghost スタンダード
Pegasus スタンダード
Wind Chaser スタンダード
香港 ZOTAC Nvidia HOLO ハイエンド
TRINITY スタンダード
TWIN EDGE コンパクト
Inno3D Nvidia iChill ハイエンド
Gaming OC スタンダード
GALAX(Kfa2) Nvidia HOF ハイエンド
Gamer スタンダード
HIS AMD
Manli Nvidia
AFOX Nvidia
AMD
日本 玄人志向(CFD) Nvidia
AMD
GALAKURO スタンダード
玄人志向 スタンダード
中国 COLORFUL Nvidia Vulcan ハイエンド
Advanced ハイエンド
Ultra スタンダード
BattleAxe スタンダード
ドイツ ELSA Nvidia ERAZOR X ハイエンド
S.A.C スタンダード
アメリカ EVGA Nvidia FTW3 ハイエンド
XC3 スタンダード
PNY Nvidia REVEAL スタンダード
UPRISING コンパクト
XFX AMD
VisionTek AMD

メーカー x モデル別のグラボランキング

グラボランキングの性能

ハイエンドかスタンダードかは分かったけど、じゃあ一体どのメーカーのどのグラボを選べば正解なの?

同じGPUだけど、どのメーカーのオリジナルモデルを選ぶべきかは一概に判断できないもの。
例えばメーカーAのハイエンドよりメーカーBのスタンダードの方が性能が高いなんてことは全然あり得ます。

そこで、グラボの詳細レビューを行っている O!Technology を参考に、”A+、A、B、C、D(リファレンス)”の5段階評価で、各メーカーのグラボをランク付けしてみました。

グラボの性能をランキングする上で、

  • PowerLimit
  • クーラー性能

を重要視して、ランク付けしています。

最新のGPUであれば、ほぼどのグラボでもある程度のOC性能が見込めますが、さらにグラボごとのBIOS(VBIOS)に設定されているPower Limit値を比べることで、グラボメーカーの設計しているグラボ性能を比較することができます。

また、クーラー性能が高いほどグラボの発熱を抑えてくれてパフォーマンスが出やすくなります。
2連ファンより3連ファン、より大型のヒートシンクとファンを搭載することで、静音性も上がるというわけです。

A+ランクのグラフィックカード

Aランクのグラフィックカード

Bランクのグラフィックカード

Cランクのグラフィックカード

Dランクのグラフィックカード(リファレンスモデル相当)

Dランクのグラボ

まとめと参考サイト

以上、グラボメーカーのグラボ性能とランキングについて紹介してきました。

ハイエンドが必ずしもいいわけではなく、用途に合わせて必要十分なグラボを選ぶ方がいいです。

でも、結局は、見た目で選んじゃってOKです!笑

最後に、グラフィックカード系の情報サイトのリストを載せておきます。
もっと詳しく知りたい方は、この辺りのサイトが参考になると思います。

ほな、ここいらで。
またぁ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる