家電

2020/5/26

2020年現在Samsung Gear VRを買ってはいけない理由

SamsungのGalaxyスマホ専用のVRゴーグル「Gear VR」は、実売価格10000円前後という価格の割にハイスペックなVRゴーグルである。しかし、2020年5月の現在、この商品を買うのはあまりお勧めしない。 その理由を述べたいと思うので、「Gear VR」の購入を考えている方は一度検討してほしい。   目次 Gear VRは手頃な価格ながらハイスペックで魅力的なVRゴーグル2020年5月以降はGear VRを買ってはならない理由Gear VRアップデートが終了アプリはインストールできる ...

続きを読む

家電

2020/5/18

Google HomeからAmazon Echoに乗り換えたたったひとつの理由

スマートスピーカーは、ユーザーの音声操作によってAIアシスタントがインターネットを介して様々なお手伝いをしてくれる、いわば生活のコンサルジュ的な存在(といえば少し言い過ぎか)。 その中で最も人気が高い ...

続きを読む

オーディオ

2020/5/12

[スペック比較]Surface EarbudsとGalaxy Buds+を比べて分かったこと

MicrosoftのSurface Earbuds、SamsungのGalaxy Buds+の完全ワイヤレスイヤホン。 見た目は似ているし性能も近いこの2機種の比較をしてみると、ターゲットとしているユーザーが異なることに気づいた。 これら2機種を検討している方の参考になれば幸いである。 目次 Surface EarbudsGalaxy Buds+ (Plus)スペック比較買うならどっちのBuds? Surface Earbuds Surface Earbuds(サーフェス イヤーバッズ)は、2020年5月 ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

2020/5/12

Qi充電もできるおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」レビュー

高性能なレーザー式のマウスのおかげで、ガラスやビニールなど透明な机の上でもある程度は問題なく使えるようになってきた。 しかし細かい動きなどが必要な画像や動画編集、パワーポイントの微妙な配置移動をする際にマウスポインタが飛んでしまいイライラしてしまうことも少なくない。   そこで先日、レザー調のおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」を購入してみたわけだ。 ただのおしゃれマウスパットだけでなく、注目すべきは「Qiワイヤレス充電」機能が内蔵されていることだ。 パソコンで作業をするときにデス ...

続きを読む

ガーグッズ

2020/5/13

タブレットを本格カーナビ化するためのマストアイテム5選

タブレット端末が普及してきた昨今、iPadなどをカーナビの代わりとして使いたいというニーズも増えてきている。カーナビならではの良さは未だ健在であるものの、カーナビ本体が高価なことや地図データ更新の度に費用がかかるなどと、長期的にみてもあまりスマートとは言い難い。 タブレット端末を使うことでネット環境さえ整えば、無料で常に最新の地図情報を得ることができ、SpotifyやGoogle Music、YouTubeなどといった多くのメディアを手軽に楽しむことができる。 そこで本日は、実際に私が構築したiPad m ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

【Surfaceペン】新型旧型の型番を総まとめ(世代別の機能一覧表)

 

現行モデルの新型Surface Penは、昨年2017年に発売されたモデル(型番EYU-XXXXX)です。
なかなか調べても情報がなかったのですが、どうやら、こちらはSurface Penの中でも第四世代のようです。

せっかくいろいろなサイトで調べたので、その軌跡を残します。
基本的に、参考にさせていただいたサイトは、WIKIPEDIA USMicrosoft

それにしても、MicrosoftのSurface Penページがわかりにくすぎ…。せめて型番かいてよw

歴代のSurface Penたち。現行のSurface Penは第四世代

第一世代Surface Pen

  • 2012年発表。WACOM製
  • Surface Pro(初代)、Pro 2にのみ使用可能
  • サイドボタンはひとつ(右クリック)、ペン上部には消しゴム機能有り
  • 型番名は不明

第二世代Surface Pen

第二世代Surface Pen_Microsoft
  • 2014年発表。Surface Pro 3用として発売
  • サイドボタンはふたつで。ペン上部の消しゴム機能は廃止され、3つ目のボタンに割り当てられた。
  • クリップあり
  • 筆圧感知は256段階
  • 型番は、3UY-XXXXX

第三世代Surface Pen

第三世代Surface Pen_Microsoft
  • 2015年発表。Surface Pro 4と同時にリリース
  • サイドボタンはひとつで、ペン上部の消しゴムは復活。なお、消しゴムもボタンが割当られている
  • 筆圧感知は1024段階、反応速度は40ms
  • 型番は、3XY-XXXXX

第四世代Surface Pen

第四世代Surface Pen_Microsoft
  • 2017年発表。Surface Pro (2017年モデル)と同時にリリース
  • サイドボタンはひとつで、ペン上部は消しゴム兼ボタン(上記画像には記載してないですが、マグネットは有)
  • 筆圧感知は4096段階、反応速度は21ms
  • 型番は、EYU-XXXXX

Surface Penの世代別機能一覧

Surface Penの世代別機能一覧表をまとめてみました。
ベースは、Microsoftのページからお借りしています。

Surface Pen世代(型番) Bluetooth接続 マグネット装着 傾き (45 度の角度) サイドボタン トップボタン 筆圧感知
(恐らく)第一世代 × × × 1 消しゴム 不明
第二世代(3UY-XXXXX) × × 2 ボタン 250
第三世代(3XY-XXXXX) × 1 消しゴム兼ボタン 1024
第四世代(EYU-XXXXX) 1 消しゴム兼ボタン 4096

 

参考に、Microsoftサイトにある、デバイス別機能比較も載せます。

デバイス別機能一覧

デバイス別機能比較_Microsoft

古いSurfaceもしくはペンを使うときに注意が必要なのは、Surface側とペン側で性能を合わせないと、低いほうで頭打ちになるということですね。

まとめ

Surface Pro本体については色々な情報が出回っていますが、Surface Penの情報があまりにも見つからなかったので、まとめてみました。

ただ、怪しい部分もあるかもしれませんので、あくまでも参考程度に見ていただければ幸いです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
クンヨシ

クンヨシ

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介する。 基本ユルユル時々マジメに生きている私の生き様(=クンヨシスタイル)を記していこう。

-パソコン・周辺機器
-,

Copyright© クンヨシスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.