パソコン・周辺機器

WIFI接続でプライベートとパブリックネットワークはどう違う?どっちを選ぶべき?

WIFI接続でプライベートネットワークとパブリックネットワークはどう違う?どっちを選ぶべきか?
PCをWIFIに接続するとき、Windowsから以下の選択を迫られ困ることはないだろうか?

  • プライベートネットワークに接続する
  • パブリックネットワークに接続する

難しいややこしいことは抜きにして、ずばり結論を述べると、

屋外でも屋内でも「パブリックネットワーク」を選ぶべし。
もしネットワークでファイル共有などをするのであれば「プライベートネットワーク」を選ぶべし。

では、「パブリックネットワーク」、「プライベートネットワーク」について説明していこうと思う。

プライベートネットワークとパブリックネットワークの違いは?

まず、プライベートネットワークとパブリックネットワークで何が違うのかと言えば、Windowsのファイアウォールの制限が異なるということだ。

それぞれの説明についてWindowsの説明を見てみると、以下の通り。

■プライベートネットワーク
ホームネットワークまたは社内ネットワークなど、信頼するネットワーク向け。お使いのPCは発見可能になり、設定した場合はプリンターやファイルの共有に利用できます。

■パブリックネットワーク
お使いのPCは、ネットワーク上のその他のデバイスから隠され、プリンターやファイルの共有に利用できません。

正直なんのこっちゃ良く分からない。

簡単に言えば、

パブリックネットワークはセキュリティが厳しく設定されており、プライベートネットワークではセキュリティが少し緩くなるというイメージ

 

では、具体的にどう緩くなるのかというと、プライベートネットワークでは、同じWIFI環境で接続されているデバイスとの接続が可能になる。
これにより、同WIFI上の他PCとプリンタやファイルの共有ができたり、リモートデスクトップ機能が使えるようになるものだ。

逆にパブリックネットワークでは、これらの共有機能が使えなくなる
よってPC1台だけしか接続しないという場合は、基本的にパブリックネットワーク接続で良いわけだ。

これまでは無意識に的に、「屋外で使っているならパブリックネットワーク」、「自宅で使っているならプライベートネットワーク」を選択している方が多いと思う。
使っている場所は関係なく、2台以上のPCでプリンタやファイル共有、リモートデスクトップをするならプライベートネットワーク、そうでなければパブリックネットワークを選択すると良いだろう。

自宅のWIFI、公衆無線LAN、スマホのテザリングも考え方は同じ

自宅WIFI以外にも公衆無線LANやスマホテザリングの場合でも、同じようにネットワークの選択を強いられる。
上述の通り、場所には関係なく、このルールで選択して問題ない。

  • 2台以上のPCでプリンタやファイル共有、リモートデスクトップをするならプライベートネットワーク
  • そうでなければ、パブリックネットワーク

プライベートネットワークからパブリックネットワークに切り替える方法

たとえプライベートネットワーク接続にしていたとしても、勝手に別の人からアクセスされてPCの中身をのぞかれることは基本的にはないので、普段使用している中で特に気にする場面はないだろう。

とはいえどうしても気になる、「念には念を」でパブリックネットワークに切り替えたいと思う方用に、以下でその方法を紹介しよう。

 

step
1
接続したいWIFIにつないでいる状態で、「設定→ネットワークとインターネット内の状態」を選択

step
2
状態→接続プロパティの変更を選択

step
3
ネットワークプロファイルでパブリック/プライベートを変更する

 

まとめ

本記事では、WindowsのWIFI接続時に聞かれるパブリックネットワークとプライベートネットワークの違いについて簡単にまとめてみた。選択のポイントは、「どこで」使うのかではなく「どう」使うのか。

  • 2台以上のPCでプリンタやファイル共有、リモートデスクトップをするならプライベートネットワーク
  • そうでなければ、パブリックネットワーク

これまで気になっていた方の参考になれれば幸いである。

【WIFIルーター】WIFI名についているアルファベット、数字の意味と最適な選び方

【WIFIルーター】WIFI名についているアルファベット、数字の意味と最適な選び方

 

-パソコン・周辺機器
-,

© 2020 クンヨシスタイル Powered by AFFINGER5