スマホ・スマートウォッチ

Galaxy Watch 3で心電図(ECG)と血圧測定に成功。条件とその方法を紹介

https://kunnyoshi.style

2020年に発売されたGalaxy Watch 3には、心電図(ECG)と血圧(BP)の簡易測定ができることが、ひとつのアドバンテージではあるが、様々な事情で日本国内では使えない機能となっている。

しかし、ある条件を満たしていれば、国内でも使えるようになる方法があるという情報を入手した。

その方法を試してみたところ、心電図(ECG)と血圧を測ることができたので、方法を紹介したいと思う。

ココに注意

Galaxy Watch 3における心電図(ECG)と血圧測定は、医療目的ではなくあくまでもヘルスケアとしての目安として参考程度にとどめておくこと。

 

 

Galaxy Watch 3で心電図と血圧を測るための2つの条件

色々検証したわけではなく、あくまで私が心電図と血圧を測ることができた条件であるので、もしかすると別のパターンでも測定することができるかもしれない。

 

韓国モデルであること

まずひとつめは、韓国版のGalaxy Watch 3であること。

日本においてはGalaxy Watch 3の心電図や血圧測定の認証がとられていないため、日本版では使用することができないようだ。

しかし、韓国ではその認証を得られていることから、心電図、血圧、血中酸素濃度等の測定ができるとのことだ。

お手持ちのGalaxy Watch 3が韓国版であるかどうかは、パッケージ裏の型番の最後の文字が「KOO」で確認できる。(国内版はJP)

 

Galaxyスマートフォンであること

ふたつめの条件は、Galaxyスマートフォンを使っていること。

こちらに関しては、国内発売のキャリアモデルでも構わないそうで、実際私のドコモ版(SC-04L)で試したところ、問題なく使用することができた。

 

Galaxy Watch 3で心電図、血圧を測る方法

準備・必要なもの

必要なもの

  1. Galaxy Watch 3の心電図と血圧測定機能が有効であること
  2. Samsung Health MonitorアプリがインストールされたGalaxyスマートフォン
  3. 血圧計

 

Galaxy Watch 3の心電図と血圧測定機能が有効であること

Galaxy Watch 3にSamsung Health Monitorアプリが入っている必要がある。

私の韓国モデルであれば、デフォルトでインストールされていた。

 

ココに注意

ヘルスケアアプリのS Healthとは別物なので注意。

 

Samsung Health MonitorアプリがインストールされたGalaxyスマホ

Samsung Health Monitorのアプリは、国内のGoogle PlayストアやGalaxy Storeからインストールすることはできない

「Samsung health monitor apk」などで検索すれば、apkファイルは入手することができるので、ご自身で探していただきたい(自己責任)。

 

インストール後アプリを開くと、自動でGalaxy Watch 3に接続される。

アプリにデータの権限を付与し、適当にプロフィールを記入すればセットアップは完了。

 

最後に以下の画面がでれば成功。

 

血圧計

またGalaxy Watch 3で血圧測定をするためには、本物(?)の血圧計が必要になってくる。(心電図のみの場合は不要)

後ほど説明するが、設定の際にGalaxy Watch 3とキャリブレーション(校正)する必要があり、血圧計の測定値が必要になる。

とはいえ、実家暮らしでなければそうそう持っているものではないので、誰かに借りるなり用意しよう。

 

私は実家の親から拝借。

 

Galaxy Watch 3で心電図(ECG)を測定する

ECGのウィジェットを選択する

Galaxy Watch 3のECGのウィジェット

心電図の測定は非常に簡単。

Galaxy Watch 3内のECGウィジェット、もしくはSamsung Health Monitor内からECGを選択する。

 

スマホ側のSamsung Health Monitorが起動し、測定腕の選択など初期設定を行えば、すぐに測定が可能になる。

初期設定した測定腕に装着しているかを確認

 

右上の戻るボタンに軽く指を当てるように指示される

 

右上の戻るボタンに指を当てて心電図を測る

どうやら、右上のボタンにセンサーが内蔵されており、それによって心電図を測ることができるようだ。

測定結果は、スマホ側のSamsung Health Monitorから確認することができる。

心電図の測定結果はスマホアプリに表示される

 

うむ、不整脈等異常なし!!(多分)

 

Galaxy Watch 3で血圧測定をする

Galaxy Watch 3の血圧測定のウィジェット

Galaxy Watch 3で血圧測定をするためには、まず最初にキャリブレーション(校正)を行う必要がある。

 

スマホアプリの流れに沿ってセットアップを進める

 

時計をつけている反対側の腕に血圧計を装着し、同時に測定を開始する。

Galaxy Watch 3をしっかり装着し、反対側の腕に血圧計を装着する

 

実際に測るとこんな様子。

Galaxy Watch 3のキャリブレーションを行う

 

測定が終了したら、血圧計に表示された最高血圧と最低血圧値をアプリ側に入力する。

この作業を3回繰り返す

血圧計の最大血圧、最低血圧値をスマホ側に入力する作業を3回繰り返す

 

「Calibration finished!」の表示がでたらキャリブレーション完了。

あとは、Galaxy Watch 3単体での血圧測定が可能となる。

以降は、Galaxy Watch 3単体で血圧測定ができるようになる

 

血圧ともに異常なし!!

 

ココに注意

正確な値を測定するために、このキャリブレーションは4週間に1度行う必要があるとのことだそうだ。

 

血圧測定はどこまで正確?

やはり気になるのは、測定結果の精度

心電図(ECG)については他に測る方法がないので、Galaxy Watch 3での血圧測定の精度について、数回測ってみることにした。

 

Galaxy Watch 3血圧計
最大血圧最小血圧脈拍数最大血圧最小血圧脈拍数
12789711279172
12887701319068
12786681308769
12988731319069
12887721328971

 

血圧計と比べると、Galaxy Watch 3の方が全体的に低めに測定される結果になったが、キャリブレーションをやり直すことで改善されるかもしれない。

 

毎日数回血圧を測っているベテランの親曰く、この程度の違いは誤差の範囲だそう。

 

Galaxy Watch 3で心電図と血圧を測るための条件と方法 まとめ

Galaxy Watch 3で心電図(ECG)、血圧を測る方法について紹介させて頂いた。

韓国モデルのGalaxy Watch 3とGalaxyスマートフォンを用意することで、日本国内であっても心電図(ECG)と血圧を測定することができた。

ただ、何度も言うように、値は「あくまでも目安」程度にとどめておき、この決して医療目的で解釈しないこと。自己責任で。

そして、今後のアップデートによっては使えなくなるかもしれないので、心電図や血圧測定目的でGalaxy Watch 3の購入を検討される場合は、注意しておくべきだ。

-スマホ・スマートウォッチ
-, ,

© 2020 クンヨシスタイル Powered by AFFINGER5