家電

2020/5/26

2020年現在Samsung Gear VRを買ってはいけない理由

SamsungのGalaxyスマホ専用のVRゴーグル「Gear VR」は、実売価格10000円前後という価格の割にハイスペックなVRゴーグルである。しかし、2020年5月の現在、この商品を買うのはあまりお勧めしない。 その理由を述べたいと思うので、「Gear VR」の購入を考えている方は一度検討してほしい。   目次 Gear VRは手頃な価格ながらハイスペックで魅力的なVRゴーグル2020年5月以降はGear VRを買ってはならない理由Gear VRアップデートが終了アプリはインストールできる ...

続きを読む

家電

2020/5/18

Google HomeからAmazon Echoに乗り換えたたったひとつの理由

スマートスピーカーは、ユーザーの音声操作によってAIアシスタントがインターネットを介して様々なお手伝いをしてくれる、いわば生活のコンサルジュ的な存在(といえば少し言い過ぎか)。 その中で最も人気が高い ...

続きを読む

オーディオ

2020/5/12

[スペック比較]Surface EarbudsとGalaxy Buds+を比べて分かったこと

MicrosoftのSurface Earbuds、SamsungのGalaxy Buds+の完全ワイヤレスイヤホン。 見た目は似ているし性能も近いこの2機種の比較をしてみると、ターゲットとしているユーザーが異なることに気づいた。 これら2機種を検討している方の参考になれば幸いである。 目次 Surface EarbudsGalaxy Buds+ (Plus)スペック比較買うならどっちのBuds? Surface Earbuds Surface Earbuds(サーフェス イヤーバッズ)は、2020年5月 ...

続きを読む

パソコン・周辺機器

2020/5/12

Qi充電もできるおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」レビュー

高性能なレーザー式のマウスのおかげで、ガラスやビニールなど透明な机の上でもある程度は問題なく使えるようになってきた。 しかし細かい動きなどが必要な画像や動画編集、パワーポイントの微妙な配置移動をする際にマウスポインタが飛んでしまいイライラしてしまうことも少なくない。   そこで先日、レザー調のおしゃれなマウスパット「GAZE PAD PRO」を購入してみたわけだ。 ただのおしゃれマウスパットだけでなく、注目すべきは「Qiワイヤレス充電」機能が内蔵されていることだ。 パソコンで作業をするときにデス ...

続きを読む

ガーグッズ

2020/5/13

タブレットを本格カーナビ化するためのマストアイテム5選

タブレット端末が普及してきた昨今、iPadなどをカーナビの代わりとして使いたいというニーズも増えてきている。カーナビならではの良さは未だ健在であるものの、カーナビ本体が高価なことや地図データ更新の度に費用がかかるなどと、長期的にみてもあまりスマートとは言い難い。 タブレット端末を使うことでネット環境さえ整えば、無料で常に最新の地図情報を得ることができ、SpotifyやGoogle Music、YouTubeなどといった多くのメディアを手軽に楽しむことができる。 そこで本日は、実際に私が構築したiPad m ...

続きを読む

その他

【スマホを紛失しても追跡する方法】スマートウォッチ、アプリ、Tileで追跡

電車や公衆トイレ、居酒屋などでついついスマホを置きっぱなしにしてしまい、後から「あれっ!?スマホがない!?」と焦ってしまった経験はないだろうか?

TIME&SPACE(KDDI)によると、3人に1人はスマホを紛失した経験があり、なくした場所については1位「交通機関(電車、タクシー、バスなど)」、2位「飲食店、宴会、お酒の席」、3位「路上」の順に高かったそうだ。

もはや他人事とは言えないスマホ紛失について、万が一のための追跡方法を紹介したいと思う。
普段からよくスマホを探している人や今後なくさないための対策を考えている人にとって是非参考にして頂きたい内容になっている。

また私はiPhoneを所持していないため、本記事は特にAndroidユーザーに向けた記事となっているが、iPhoneやAppleウォッチを使っても同様な使い方ができるので是非最後まで読んでいただきたい。

 

まだ近くにあるかもしれない場合は、スマートウォッチの接続状態を確認しよう

スマホとスマートウォッチは、基本的にBluetoothで接続されている。
例えば私の愛用しているGalaxy Watchでは、スマホとの接続がきれると時計にこのようなアイコンが表示される。

これを利用すれば、接続が切れていない=まだスマホが近くにある(通信範囲内)ということがわかる

では、実際の通信範囲はどれくらいあるのかというと約10m程度だ。

このBluetoothの通信範囲は、Bluetoothの電波出力のクラス規格で定められている。

Bluetooth Classの違いにおける通信範囲(最大出力)

  • Class 1:100m程度(100mW)
  • Class 2:10m程度(2.5mW)
  • Class 3:1m程度(1mW)

ただ、同じクラスでも製品によって通信範囲が異なっていたり、日本の電波法では最大出力50mWまでしか出せないこととなっている。
また比較的障害物に強いBluetoothとはいえ、壁や車の中であったりすると通信範囲は著しく低下してしまう。

ほとんどのBluetoothデバイスやスマホはClass 2となっているので、実用範囲としては10~5m程度だと思っておけば良いだろう。

 

まだ通信範囲内であればスマートウォッチからスマホを鳴らすことができるので、さらに細かく追跡することが可能だ。

Galaxy Watchでは、標準で「端末リモート追跡」機能が入っており、これを用いることでスマホを探すことができる。

地味に便利なスマホ追跡機能

この機能を使えば、Galaxy Watchからスマホを鳴らすことができるので、「スマホが見つからない!」といった場合、マジで重宝します。
地味とはいうけど、結構使っちゃう機能です笑

Galaxy Watchのレビュー:これはもうスマートウォッチの完成形(クンヨシスタイル)

既に離れてしまったら、Googleサービス「端末を探す」で追跡

スマートウォッチとの通信範囲から外れてしまったら、スマートウォッチからの追跡はできなくなってしまう。

そこで登場するのが、Googleが提供している「端末を探す」のような外部から追跡ができるアプリだ。

事前にインストールして準備しておく必要はあるが、Androidユーザーであればだれでも簡単に無料で使えるスマホ追跡アプリになるので、入れておいて損はないだろう。

使い方は至って簡単で、以下のリンクから「端末を探す」アプリをインストールするだけだ。

端末を探す

端末を探す

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

あとは、ネット環境にある別のデバイスやパソコンから「デバイスを探す」にログインし、スマホのGPS位置情報を取得したり、端末のロック、端末の情報削除などをリモート操作することができる。

「端末を探す」アプリの特徴

  • 地図上でスマートフォン、タブレット、時計の位置を特定する: 端末の現在地を特定できない場合は、最後の検出位置が表示されます
  • インドアマップを使用する: 空港、ショッピング モールなどの建物内で端末を探すのに役立ちます
  • Google マップで端末の場所までの経路を取得する: 端末の位置、マップ アイコンの順にタップすると、端末までの経路を取得できます
  • 着信音を鳴らす: 端末がサイレント モードに設定されていても、最大音量で着信を鳴らすことができます
  • 端末のデータを消去する、端末をロックする: ロック画面にカスタムのメッセージや連絡先の電話番号を表示できます

端末を探す(Google)

実際にパソコンからログインすると、以下のことができるようになる。

  • スマホの位置情報を取得
  • スマホから音を鳴らす
  • スマホをロックしたり、画面にメッセージを表示させる
  • スマホ内のデータを消去する

これだけ強力な追跡機能が無料でつかえるので、もはやフリーアプリの中では最強だともいえるだろう。

新しい端末を購入したら、必ずインストールしておきたいアプリのひとつである。

 

探すためには別の端末が必要であったり、ひとりでいるときや近くにパソコンやネット環境がないという場合にすぐに探し出せないというデメリットはあるものの、紛失後すぐに追跡を行えばかなりの確率で見つけ出すことができるだろう。

 

最後の砦、落とし物トラッカー「Tile(タイル)」

上述で紹介したスマホを追跡する方法は、いずれもスマホのバッテリーがまだ残っておりネットに繋がっている必要がある。
つまり、スマホのバッテリーがない状態であれば、追跡をすることはできないのだ。

そこで「Tile(タイル)」のような落とし物トラッカーを使えば、スマホのバッテリーがなくなってしまっても追跡することができる

Tileを使ってできること

  • 探し物&スマホを音で探す
  • 最後に検知した場所を記録
  • 世界最大級のTileコミュニティーに参加

タイル

Tileにはいろんな製品タイプがあり、スマホ以外にも財布や鍵、カバンにもつけることができるので、普段よく失くしものをする人であれば、積極的に導入すべきアイテムだと思う。

 

できることは、「端末を探す」アプリと同じくらいであるが、TileのすごいところはTileクラウドや世界最大の落とし物コミュニティを用いて落とし物を探せるということだ。

仮にTileが通信範囲外にあったとしても、アクセスポイントに接続されるたびにその位置情報を取得してくれるのだ。

そして、Tileアプリをインストールしている人やタクシー(一部)が動くアクセスポイントとなり、一度でも通信がされるとその位置情報を教えてくれるため、外での落とし物でもかなりの確率で追跡することができるはずだ。

詳しい使い方やレビューについては、カズチャンネルのカズさんの動画を参考にして頂きたいと思う。

 

 

標準的なタイプ「Tile Mate」


貼り付けられるステッカータイプ「Tile Sticker」


3年間バッテリーが持つ上位モデル「Tile Pro」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
クンヨシ

クンヨシ

最新ハイテク好きな30代台湾人男子による、使ってよかったモノやサービスを紹介する。 基本ユルユル時々マジメに生きている私の生き様(=クンヨシスタイル)を記していこう。

-その他
-, , ,

Copyright© クンヨシスタイル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.